原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
淡島神社の雛流し

JUGEMテーマ:写真

 

 恒例の淡島神社の雛流しを見たくて行ってきました。この加太の淡島神社については以前に取材していますのでそちらを見てください。かって永きにわたって、お祓いを受けたくて神社に集まってきた人形を年に一度3月3日に加太の海に流してきました。この神事は時代が変わっても今日に受け継げられてきました。しかし今日では環境問題もあって流された雛は、すぐに改宗され焼却されます。炎の中にある人形を見ていると、かっての所持者が心を込めて大事にしてきたものであるだけに何とも言えぬわびしさが伝わってきます。

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 昨日、森友学園疑惑を財務省が認めました。その内容は恐るべき内容でした。膨大な量の公文書の改ざんされ偽造されていました。国会や国民をだまして国家権力にすり寄っていく官僚の姿が浮かび上がってきます。これほど国家の基本である3権分立や民主主義の根幹を犯す犯罪は、戦後史の中でも初めてのことだろうと思います。北朝鮮など他国の政治など批判的な報道をよく見かけますが、今回の財務省の犯罪行為をみると、日本の現状は、他国のあれこれを批判できるような資格はないとさえ見えてきます。今回の犯罪の動機や背景はこれから究明されていくことになるとはおもいますが、当面、この事件に係わっていることがはっきりしている政治家や官僚は一刻も早く引責して退陣するべきです。

 

 

 

 

東平寺のシイに森・モノクロ版

JUGEMテーマ:写真

 

 前回ご紹介した東平寺のシイの森の写真を近々写真展等で発表したいと思っています。私はこれまで森をテーマにした作品はモノクロ写真で通してきました。その方がイメージを抽象化し作品のテーマ性が伝わると思っているからです。今回は前回の写真を実験的にモノクロ化してみました。カラーと比較して鑑賞していただくのもおもしろいと思います。

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

 

 

 

東平寺の森

 

 

 

 

 

東平寺のシイの森

JUGEMテーマ:写真

 三重県の美杉村にシイの巨樹が残されていると前から知っていましたが先日やっといくことができました。美杉村は林業で有名でかっては多くの村人で賑わっていました。歴史のある落ち着いたたたずまいの村の景観に心が癒されます.村には雲出川が流れていますがこの川のすぐそばの小高い山の斜面に東平寺があります。相当に時代をさかのぼる古い時代の墓石や五輪の塔が境内にあります。これらの墓石や五輪の塔を囲むかのようにシイの巨樹が残されています。幹回り6メートル以上の巨樹が10本前後はありました。一本の巨樹だけの保存ではなく、こうした一定の地域ごと保存されていることに生態系の保存という意味では大きな意義があります。三重県はかってのこの地域の樹相がよく残されているとして、ここを県の天然記念物として指定しており、村人が大切に保存の努力を続けています。

 沖縄の名護市市長選挙で辺野古の米軍基地建設に反対してきた稲嶺さんが残念なことに敗北したという報道に接しました。ジュゴンが住む美しい海を破壊する危機が迫ってきたように感じます。しかし選挙の結果に係わらず基地建設については名護市民の圧倒的な人々は反対しています。自然破壊は一時ですがその回復にはとてつもない困難や時間がかかります。自然保護にとってこれからこそ闘いの正念場です。

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

JUGEMテーマ:写真

  伊勢大神楽一行の沖島興行の際、島の人々が心から楽しんでいる様子をみました。村人は一年間彼らが来るのを楽しみにしていたという。現代にいたってもこうした興行を日本のどこかで一年中実施している彼らに拍手を送りたい。なにかにつけ、東京をはじめ都市集中の傾向が進むなか、ローカルに重点を置いた文化活動は意義があると思いました。

 ただここ増田神社での奉納では、カメラマンが多すぎる。地元の人がカメラマンに隠れ見えてこない。彼らの芸は村人との交流の中でこそ光を放つものだろうと思う。そうした意味ではもっと観客の表情が見たかった。伊勢大神楽の鑑賞は地方興行でこそその本質的な魅力が見えてくるのだろうと思いました。

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

JUGEMテーマ:写真

 昨年末に三重県桑名市の増田神社に行ってきました。ここでは毎年12月24日に伊勢大神楽一行が興業納めの神前奉納が行われます。以前から行きたかったのですが今回やっと日程が調整できて行くことができました。わたしは以前に南紀の熊野の各地を回って写真取材をしていた頃、その辺りの地域の集落の多くが獅子舞保存会を組織し、何か祝い事や祭りがあるたびに獅子舞を演じているのを見てきました。そうした南紀各地の獅子舞を調べてみると、これらの地域の獅子舞は伊勢大神楽の人たちが教えたものが何百年にも亘って受け継がれてきたものであると分かりました。とりわけ串本の古座地域の青年団の獅子舞は当時の面影がよく保存されているということで、国の重要無形文化財に指定されています。この頃から伊勢大神楽の獅子舞が見たいと思っていました。また2年前滋賀県の沖島の写真取材の際に、偶然伊勢大神楽一行の沖島での興業に出合い鑑賞させていただいた経過があります。そうしたことから本場での増田神社での神前奉納が見たくて今回やっと実現できたのです。

 伊勢大神楽の演目の内容は神事としての神楽、皿回しなどの曲芸、掛け合い漫才という3つの出し物で構成されており、2〜3時間ほど楽しませてくれます。こうした興業はここを拠点として数班が全国各地に派遣され何百年も前から人々を楽しませてきたのです。また伊勢大神楽一行の中には優れた文化の伝承者として数名が人間国宝に指定されています。

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

荒船海岸の海霧

JUGEMテーマ:写真

 南紀の荒船海岸に 真冬の風物詩である朝霧が出る季節がきました。今まで何度も訪れましたが数回しか見られませんでした。大気と海水の温度差が大きい時に見られますが、低い気温、放射冷却が起こる晴天時、無風で大気中の水分量が多い時の条件がそろわないと大量の朝霧は現れません。今回は運が良かった。かなりの朝霧が発生し、伊勢エビ漁の漁船もうまくファインダーに収まってくれました。

 朝鮮半島をはじめ日本が戦争に直接巻き込まれる危険が現実のものとなっています。せめて憲法9条はどんなことがあっても守らなければなりません。自分に何ができるだろうか。年の初めに朝霧を貫いて輝く太陽を見てさらにそうした想いは強まりました。

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喪中欠礼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太の散策ね弸匹療隋重要軍事施設

JUGEMテーマ:写真

 砲台以外の友ヶ島要塞における重要軍事施設を取り上げました。はじめにトーチカです。近寄る的を陸上戦で撃つための施設です。島に上陸した敵軍との戦いを想定していたのでしょう。かなり大型の機銃も据え付けられるように回転用の歯車を組み合わせる溝も残っていました。しかしもっと重要な役割は観測所としての機能だと私は思います。砲台には必ず観察所が必要です。砲台から発射された砲弾の着地点を望遠鏡で確認して、敵艦に砲弾が命中させるために角度や距離を修正させるためのデーターの伝達が任務です。そのために最も見晴らしの良いところにつくられるのが常です。次に行ったのが聴音所といわれている施設です。海中にマイクを敷いて紀淡海峡を通過する船のスクリュー音を聞いていました。スクリュー音によって、戦艦なのか、潜水艦なのか、貨物船なのか聞き分けることができるといいます。ここで訓練された軍人は潜水艦勤務や南方戦線に送られましたが、多くは還ってこなかったといいます。次に行ったのが照明所といわれているところです。今まで何度も友ヶ島に行きましたが今回始めていきました。こんな小さな島ですがごく最近になって発見された施設も多いのです。施設の奥には照明弾が格納されていました。施設の奥の天井はすっぽりと空けられここから地上に照明弾を吊り上げて、そばの広場から打ち上げていました。夜の戦闘で紀淡海峡を通過する敵艦を照らすのが目的です。これらの施設が残っているのは極めてめずらしいということです。離島であったのが幸いしたようです。      今、日本では日に日に戦争する国に近づいていっているようにみえます。かっての戦争体験が風化しつつある今、国や自自体が責任を持って保存に努めるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太の散策7鎧要塞の島・砲台

JUGEMテーマ:写真

 紀淡海峡を軍事封鎖して京阪神や瀬戸内海を守るために、加太・友ヶ島・淡路由良を中心に、巨額の資金を投じて巨大な軍事要塞がつくられました。住民を追い出し軍部が要所を独占して作り上げられました.日本列島の中でも、舞鶴・下関・佐世保・観音崎に並ぶ最重要要塞の地でもあります。大阪・和歌山の県境を中心に加太や大川、小島、谷川、深日などの集落は、潜水艦造船所、軍需工場が建ちならび、軍人が闊歩する地域でもありました。とりわけ友ヶ島には民間人は一切近づけない警戒の厳しい極秘の軍事基地でした。島には第1砲台から第5砲台まで設置し、干潮時には陸続きの虎島にも砲台が設けられていました。今回はこの砲台を中心に回りました。第2砲台・第1砲台・第4砲台・弟3砲台の順に回りました。

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

加太の散策漁業の街

JUGEMテーマ:写真

 加太の沖合は紀淡海峡が最も狭まったところに位置しています。さらにその間には友ヶ島が存在しています。こうした地形は潮の干満によって当然複雑で激しい潮流の変化をもたらします。そうしたところにはプランクトンや小魚が集まり、それを追う中大型の魚が集まり豊かな魚場が形成されます。大阪や和歌山などの消費地にも近く古くから漁民達を養ってきました。鯛や太刀魚、オオアジなどを狙って漁船や釣り船が海峡を埋め尽くす時もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太