原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
どんずる峯の戦跡

JUGEMテーマ:写真

 奈良県香芝市にあるどんずる峯は県指定天然記念物で、千数百万年前に二上山の火山活動によって火砕流や火山灰などが堆積し、その後の地殻変動によって隆起し、さらに、長い年月の間に侵食されて現在の姿になりました。古くは古墳の石棺材や寺院の基壇などの石材として利用されました。遠くから見ると鶴が屯(たむろ)しているような奇観のため、この名称で呼ばれるようになりました。

 そのどんずる峯の地下に巨大な地下壕が存在しています。この地下壕は1945年6月頃から工事が始まり、終戦の8月15日まで突貫工事が続けられました。これらは旧陸軍・航空総軍の第19地下施設隊が本土決戦に備えて掘ったと言われています。

 この施設は戦争の実相を伝える大切な遺跡として保存運動が進められています。地下壕はあちこちで岩盤が崩れており単独行は危険です。「NPO法人平和のための香芝戦争展」と連絡を取ってから見学することを勧めます。

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

どんずる峯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 09:15 | - | -
コメント
コメントする