原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
年賀のご挨拶

 

JUGEMテーマ:写真

11

草木国土悉皆成仏


 最近は神になった樹というコンセプトで写真を撮る機会が多くなりました。数百年という永い時間にわたってひたすら人々の願いを受け止めてきた樹です。元々は自然の生態系の中で生きていたこれらの樹々は、山村化や農村化が進むなかで神社や寺の神木として生きながらえてきました。しかし、国の農・林業軽視の政策が浸透し、さらに少子化が人口をが減少させ、今では多くの廃社や廃寺がみられるようになりました。
湖北の浅井町に應昌寺があり今は廃寺になっています。寺の境内の裏手の斜面に年老いたシラカシの古木があります。多くの木々に囲まれ、かっての故郷の森での生活に回帰したかのように、生きる喜びを全身で謳歌しているような迫力でした。

                                                元旦     岡田 満

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 08:14 | - | -
コメント
コメントする