原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
日本列島最北の桜∈室の桜

JUGEMテーマ:写真

 釧路から根室に向かう途中厚岸に寄りました.厚岸の子野日公園で恒例の行事があると聞いたからです。それは桜の下で、名産品の牡蠣などの海産物を炭火焼きして楽しむというものでした。蝦夷山桜を観賞しながら幸せな時間をすごしました。その後牧場など北海道らしいスケールの大きい景色の中での桜を楽しみながら急いで根室に向かいます。 なんと言っても北海道の桜を象徴する千島桜を見たかったのです.根室の清六、根室地方裁判所、明治公園等の千島桜を見たかったのです。これらの地には千島列島などの離島から移植した経緯をもつ千島桜が植栽されています。樹齢も100年前後のものです。しかし残念ながらその盛りは過ぎていました。本土のソメイヨシノと同じように古木ほど花期が早い傾向があるようでした。せいぜい2メートルほどの桜ですが地に這いつくばって生きているすさまじい姿をしています。北海道の冬の気候の厳しさを教えられました。こうした環境下では植物は自らを小型化させて生き残ろうとします。「植物の矮小化」と言います。小高い丘に小さな神社がありましたので海が見たくなって登ってみました。そこには千島桜がありました。すさまじい吹雪のせいで一方にしか枝を伸ばせないようです.深い雪と酷寒の環境にいじめられたのだろうか、かろうじて精一杯の花をつけていました。見ていて涙が出そうになりました。精一杯に生きているものの凜とした孤高の美しさを感じたのです。

 この後、野付小学校にある北方領土と係わった歴史を伝える千島桜も見に行きましたが葉桜近くになっていました。今回の桜紀行は今回で終わります。しかし、千島桜に魅了されて再訪を心の中で約して帰阪しました。

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 いよいよ参議院選挙が始まります。長い間このときがくるのを待っていました。この国は自公政権によってアメリカの属国化がますます顕著になっています。トランプの番犬かのようにアメリカに媚びを売る政治はまっぴらです。アメリカを守るための陸上イージスにしろ、辺野古新基地建設にしろ、アメリカの戦争兵器の瀑買いにしろ、国民を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたい。投票行動で決着をつけよう。大企業だけが大もうけし庶民は経済効果の恩恵から置き去りにされ格差は広がるばかりです.挙げ句の果ては、年金は100年安心と言っていたはずが、今になって老後のために2000万円貯めろなんてどんな顔してそんなことが言えるのだろう。ある評論家が言っていた「香港であれだけの国民が意思表示をしているが、日本は年金という命綱が危ないというのに国民はなぜもっと怒りを表現しないのだろか」と。私も全く同じ思いです。

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 17:45 | - | -
コメント
コメントする