原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
御所市橋本院から天理の一本桜

JUGEMテーマ:写真

橋本院(はしもといん)  

 高天山の中腹にある橋本院は真言宗高野山の末寺で、建物のつくりが普通の寺と大分異なっているのが大きな特徴です。この寺は高台に建っているので、眼下に奈良盆地を一望できます。
 養老年間、44代元正天皇の勅により僧行基が開いた高天寺の一子院で、もとは奈良興福寺に所属していました。そののち高野山金剛峰寺に属し、真言宗の開祖である弘法太師を祀っています。(御所市商工会HPから)

 古代史の舞台の地である大和葛城山東山麓から天理の桜を求めて奈良に行ってきました。橋本院では境内のゆったりした雰囲気の中で思う存分桜を楽しめました。桜に囲まれた墓地もあって、こんなとろろで永眠できれば幸せだなと思わずにはいられません。天理のため池の土手に大きな桜が3本あります。毎年行っていますが、今年は山桜が満開でした。ソメイヨシノの巨木の一本桜もよいのですが、山桜の一本桜も何とも華やかな雰囲気に包まれたものでした。

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 11:40 | - | -
コメント
コメントする