原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大阪・南河内の桜4

JUGEMテーマ:写真

 今年の桜の開花は例年より大幅に早くなるという予報に喜んでいましたが実際には肝心な時に寒波の襲来があり、桜も戸惑い気味で複雑な経過をたどりました。とりわけ大阪の桜は結果的には例年に比べ開花は少し早かったものの、満開までには時間がかかってしまいました。特に寒波の周期的他到来で寒い日が続き花見には気分がもう一つ盛り上がりませんでした。

 そんな中、今年初めての桜取材は4月1日に南河内の桜からでした。

 河内長野の加賀田町の近辺にしだれ桜の銘木があると聞いて探しました。民家の庭に咲く桜で、寒々とした冷気の中で凛々しく咲いていました。その後、伝大江時親邸跡にしだれ桜の古木があるとも聞いていましたからそちらも探し回って取材をしてきました。時親は楠木正成の師匠で兵法を正成に教えたという。ここの桜もほぼ満開でしたが、痛みもひどく主幹の一方が枯死して失われていました。根や幹下部の形相に古木であることが伝わります。大阪のソメイヨシノは開花したばかりでしたが、しだれ桜のほうはあまり気候に左右されないのかどこのシダレも美しく咲いていました。

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 18:10 | - | -
コメント
コメントする