原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
加太の友ヶ島戦跡と森

JUGEMテーマ:写真

 

 私の所属する日本リアリズム写真集団大阪支部の撮影会を友ヶ島で実施しました。友ヶ島は紀淡海峡を封鎖して大阪湾への敵の侵入を防ぐ目的で旧軍が独占管理していた要塞の島でした。戦後になっても無人島であったためにそのせいで当時の軍の施設が多く残されています。私はこの島には何回も出かけ戦跡などの写真を撮ってきました。今回は会友の皆さんの案内役をしながら島の樹木を撮ってみようと試みました。この辺りは常緑のウバメガシなどのシイの森が基本構成の暖温帯林です。無人島であることで島の樹木などの自然がある程度残っています。大阪近辺の森としては貴重な存在になっています。

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

   昨日実施された沖縄の辺野古の基地建設の是非をめぐる県民投票の結果の詳細が報道されました。概略は、基地を造るための辺野古の埋め立てに反対するが72.15パーセント(43万4273票)、賛成が19.10パーセント(11万4933票)、どちらでもない8.76パ−セント(5万2682票)でした。投票率は52.48パーセントでした。

 巨大土木事業との利権関係、あるいは本土政権あるいは政党などとのしがらみ、県民の中には種々の複雑な要素を抱え込みながらの結果です。そんな中で沖縄県民の7割を超える人がはっきりと基地建設に反対の意思を表明したのです。圧倒的な県民の勝利といえるでしょう。沖縄県民の勇気ある戦いに感銘し感動しそして感謝します。これで基地建設をめぐる情勢は大きく変化し、建設断念へ世論は大きく前進するでしょう。民主主義の根本である民意を無視することは国民主権の立場からも許されるはずがありません。沖縄県民は立派にやることはやったのです。あとは本土の平和や民主主義が政治の理念にならなければならないと思っている私たち国民一人一人が声を上げそして行動する時だと思います。

 

 

 

スポンサーサイト
- | 14:52 | - | -
コメント
コメントする