原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
糸井の大カツラ


 和田山から糸井渓谷へ向かいます。途中、不動の滝がありましたがひたすら大カツラを目ざして林道を進みます。舗装道路の終点が広場になっていて登山道の入り口にもなっておりその前にカツラの木がありました。私は今まで白山のカツラなど大きなカツラを何度か見てきました。カツラの巨樹は多くの場合主幹が枯れ、そのひこばえが残って命を繫いでいきます。この大カツラも主幹は失われていますが、推定樹齢は2,000年といわれ、 国の天然記念物に指定されています。 樹高35m、枝張り東西30m・南北31m、大小約80本のひこばえがかってあった主幹を包み込むようにで林立しています。カツラの巨木としては全国でもまれにみる有数のものです。ただただ生命を繫いで生きる生き物の圧倒的な迫力を感じました。

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 沖縄で辺野古の基地建設の賛否を問う県民投票が実施することを沖縄県が条例を成立させ決定しました。ところが沖縄の宮古島などの5つの行政区で実施しない旨の意思を表明しています。こんなことが許されるのだろうか。自民党の国会議員がそうした県民投票について反対の動きをしているらしい。民主主義は民意の尊重をその原理の根本に置いた政治機構です。下位行政区は県の条例に則してその業務を粛々と実施するのが当然です。県の決定に対してその実施を妨害するなどそんなことが許されるなら、自民党や公明党政権の安倍内閣が主導して国会で確定した法案に対して、県は従わなくてもよいということになるでしょう。道理が通らないことを国家権力が無理矢理通そうとする。今や日本の政治に道理や正義の一片も見いだされない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

スポンサーサイト
- | 16:12 | - | -
コメント
コメントする