原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
第67回 関西平和美術展が開催されます

 今年も関西平和美術展が開催されます。先日通常国会が閉会されました。「働き方改革?」「カジノ火災法案」「参議院定数増法案」など国民多数がこぞって反対している法案が強行採決されたのです。自民党や公明党維新の会という政党の見識が問われる愚行です。しかも西日本ではかって経験しなかった大災害からの復旧の最中にです。大災害に対して陣頭指揮を撮るべき首相や国交大臣がカジの法案の成立のための会議にしがみついていたのです。政治家としての良心を問いたい。この国は狂ってる!おかしいよ!もし国民がこのままで良いと思うなら国民もおかしいよ!。国民は主権者としてはっきり意志を示そう。

 そんな何ともやるせない気分の中で今年の平和美術展がやってきました。今年の私の作品は「神になって木」です。人々の願いをながーく受け止めてきた木々です。この時代における神に木とは難だろう。国民はそれを求め続けている。

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 10:40 | - | -
コメント
コメントする