原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
志多備神社のスタジイ

JUGEMテーマ:写真

 島根県松江の志多備神社のスタジイは天然記念物に指定されており日本の巨木リストのなかでも有名です。最近になって御蔵島などで巨木が次々に発見されましたがそれまではこの木が日本一のスタジイの巨木とされていました。わたしもここに来たのは数回にわたります。やわたの大蛇かと思ってしまうその姿の勢いに圧倒されてしまいます。巨木というだけではなく木のもつ表情がすごい。神木として大切にされてきたのでしょう、幹には大きなしめ縄がまかれていました。

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ  

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

  米朝のトランプ大統領と金正恩による歴史的な会談がありました。ともかくこれのよって朝鮮半島での戦争は避けられることになったのはすばらしい出来事でした。この会談を実質お膳立てをした韓国大統領の働きも歴史に残る勇気ある行動でした。戦争を避けるための外交による努力が続けられている中で日本はどうだったのだろうか。阿部外交は一貫してトランプオンリィ、最大の圧力オンリィイでした。これからも世界情勢は激動の展開をしていくことになるだろう。ただひとつはっきり言えるのは,阿部戦略による阿部外交路線は極めて危険な道であることが明確になったというでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 16:28 | - | -
コメント
コメントする