原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
早田のスタジイ

JUGEMテーマ:写真

 

 鳥取県西伯郡の南部町早田の墓地にスタジイの巨木があると聞いて行ってきました.そこは山裾になっておりシイの森がありその中に墓地がありました。目的のシイノキはすぐに分かりました。突出した巨木でありその木のもつ表情が圧倒的な存在感をもっていました。何百年にもわたって村人が先祖の霊とともに大切に守ってきたのでしょう。

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 昨日、国会で森本・加計疑惑についての集中審議がありました。わたしも含めて国民は「もうええ加減にしてくれ!」と思っていることでしょう。これだけ次々に公文書や傍証が出てきて疑惑の全体像が明らかになっているのに、この国の指導者は首相や大臣の椅子にしがみついている。嘘に嘘を重ね国政は停滞し、国益は失われ、その付けは国民に回される。権力者はその地位にのし上がってしまうと、権力に溺れ道理を無くすといいます。しかし国民をなめすぎると、とんでもないしっぺ返しを食らうことを肝に銘じるべきである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 13:00 | - | -
コメント
コメントする