原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
淡島神社の雛流し

JUGEMテーマ:写真

 

 恒例の淡島神社の雛流しを見たくて行ってきました。この加太の淡島神社については以前に取材していますのでそちらを見てください。かって永きにわたって、お祓いを受けたくて神社に集まってきた人形を年に一度3月3日に加太の海に流してきました。この神事は時代が変わっても今日に受け継げられてきました。しかし今日では環境問題もあって流された雛は、すぐに改宗され焼却されます。炎の中にある人形を見ていると、かっての所持者が心を込めて大事にしてきたものであるだけに何とも言えぬわびしさが伝わってきます。

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 

 

 

雛流し

 

 

 

 

 

 昨日、森友学園疑惑を財務省が認めました。その内容は恐るべき内容でした。膨大な量の公文書の改ざんされ偽造されていました。国会や国民をだまして国家権力にすり寄っていく官僚の姿が浮かび上がってきます。これほど国家の基本である3権分立や民主主義の根幹を犯す犯罪は、戦後史の中でも初めてのことだろうと思います。北朝鮮など他国の政治など批判的な報道をよく見かけますが、今回の財務省の犯罪行為をみると、日本の現状は、他国のあれこれを批判できるような資格はないとさえ見えてきます。今回の犯罪の動機や背景はこれから究明されていくことになるとはおもいますが、当面、この事件に係わっていることがはっきりしている政治家や官僚は一刻も早く引責して退陣するべきです。

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 08:35 | - | -
コメント
コメントする