原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
東平寺のシイの森

JUGEMテーマ:写真

 三重県の美杉村にシイの巨樹が残されていると前から知っていましたが先日やっといくことができました。美杉村は林業で有名でかっては多くの村人で賑わっていました。歴史のある落ち着いたたたずまいの村の景観に心が癒されます.村には雲出川が流れていますがこの川のすぐそばの小高い山の斜面に東平寺があります。相当に時代をさかのぼる古い時代の墓石や五輪の塔が境内にあります。これらの墓石や五輪の塔を囲むかのようにシイの巨樹が残されています。幹回り6メートル以上の巨樹が10本前後はありました。一本の巨樹だけの保存ではなく、こうした一定の地域ごと保存されていることに生態系の保存という意味では大きな意義があります。三重県はかってのこの地域の樹相がよく残されているとして、ここを県の天然記念物として指定しており、村人が大切に保存の努力を続けています。

 沖縄の名護市市長選挙で辺野古の米軍基地建設に反対してきた稲嶺さんが残念なことに敗北したという報道に接しました。ジュゴンが住む美しい海を破壊する危機が迫ってきたように感じます。しかし選挙の結果に係わらず基地建設については名護市民の圧倒的な人々は反対しています。自然破壊は一時ですがその回復にはとてつもない困難や時間がかかります。自然保護にとってこれからこそ闘いの正念場です。

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

 

 

 

シイの森

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 10:55 | - | -
コメント
コメントする