原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
荒船海岸の海霧

JUGEMテーマ:写真

 南紀の荒船海岸に 真冬の風物詩である朝霧が出る季節がきました。今まで何度も訪れましたが数回しか見られませんでした。大気と海水の温度差が大きい時に見られますが、低い気温、放射冷却が起こる晴天時、無風で大気中の水分量が多い時の条件がそろわないと大量の朝霧は現れません。今回は運が良かった。かなりの朝霧が発生し、伊勢エビ漁の漁船もうまくファインダーに収まってくれました。

 朝鮮半島をはじめ日本が戦争に直接巻き込まれる危険が現実のものとなっています。せめて憲法9条はどんなことがあっても守らなければなりません。自分に何ができるだろうか。年の初めに朝霧を貫いて輝く太陽を見てさらにそうした想いは強まりました。

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 16:15 | - | -
コメント
コメントする