原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
加太の散策ね弸匹療隋重要軍事施設

JUGEMテーマ:写真

 砲台以外の友ヶ島要塞における重要軍事施設を取り上げました。はじめにトーチカです。近寄る的を陸上戦で撃つための施設です。島に上陸した敵軍との戦いを想定していたのでしょう。かなり大型の機銃も据え付けられるように回転用の歯車を組み合わせる溝も残っていました。しかしもっと重要な役割は観測所としての機能だと私は思います。砲台には必ず観察所が必要です。砲台から発射された砲弾の着地点を望遠鏡で確認して、敵艦に砲弾が命中させるために角度や距離を修正させるためのデーターの伝達が任務です。そのために最も見晴らしの良いところにつくられるのが常です。次に行ったのが聴音所といわれている施設です。海中にマイクを敷いて紀淡海峡を通過する船のスクリュー音を聞いていました。スクリュー音によって、戦艦なのか、潜水艦なのか、貨物船なのか聞き分けることができるといいます。ここで訓練された軍人は潜水艦勤務や南方戦線に送られましたが、多くは還ってこなかったといいます。次に行ったのが照明所といわれているところです。今まで何度も友ヶ島に行きましたが今回始めていきました。こんな小さな島ですがごく最近になって発見された施設も多いのです。施設の奥には照明弾が格納されていました。施設の奥の天井はすっぽりと空けられここから地上に照明弾を吊り上げて、そばの広場から打ち上げていました。夜の戦闘で紀淡海峡を通過する敵艦を照らすのが目的です。これらの施設が残っているのは極めてめずらしいということです。離島であったのが幸いしたようです。      今、日本では日に日に戦争する国に近づいていっているようにみえます。かっての戦争体験が風化しつつある今、国や自自体が責任を持って保存に努めるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 09:25 | - | -
コメント
コメントする