原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
加太の散策7鎧要塞の島・砲台

JUGEMテーマ:写真

 紀淡海峡を軍事封鎖して京阪神や瀬戸内海を守るために、加太・友ヶ島・淡路由良を中心に、巨額の資金を投じて巨大な軍事要塞がつくられました。住民を追い出し軍部が要所を独占して作り上げられました.日本列島の中でも、舞鶴・下関・佐世保・観音崎に並ぶ最重要要塞の地でもあります。大阪・和歌山の県境を中心に加太や大川、小島、谷川、深日などの集落は、潜水艦造船所、軍需工場が建ちならび、軍人が闊歩する地域でもありました。とりわけ友ヶ島には民間人は一切近づけない警戒の厳しい極秘の軍事基地でした。島には第1砲台から第5砲台まで設置し、干潮時には陸続きの虎島にも砲台が設けられていました。今回はこの砲台を中心に回りました。第2砲台・第1砲台・第4砲台・弟3砲台の順に回りました。

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 14:28 | - | -
コメント
コメントする