原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
比井のアコウ (モノクロ判)

 私は写真集や作品展ではこれまではモノクロ写真で発表してきました。最近フイルムや印画紙などの写真材料が手に入らずデジタル写真が多くなってしまいました。それでもモノクロ写真にこだわってデジタルでモノクロ写真がどのように表現できるか試行錯誤しています。今回もその試行の一例です。写真のカラーの情報をあえて捨てることによって作品の単純化と抽象化に成功できるかどうかが狙いです。

 

 

 

 

比井のアコウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 安倍首相の解散の大儀などこじつけでしかないことは明白です。ここまで露骨に党利党略をあらわにして平気な顔で淡々と人前で解散の意義を語っているのを見ていると、政治家(政治屋?)が別の世界の生き物、宇宙人に見えていきます。(宇宙人に失礼か。)

 この間の戦争法案をはじめ、秘密保護法・共謀罪法が次々に強行採決され、原発の再稼働も強行されてきました。そのたびに、今の自公政権を倒して、日本国憲法に根ざした民主政権を実現したいと願っていたのを決して忘れてはいません。今度こそ世直しのためにみんなで選挙に行こう!

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
- | 15:25 | - | -
コメント
コメントする