原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2011年大阪のさくら
JUGEMテーマ:写真

 毎年さくらが咲く頃はカメラを担いで近畿一円を走り回っているのですが、今年は「神々の森」の作品展と重なってしまい時間的余裕がなく取材が限定されてしまいました。そのうえ東日本大震災と津波・原発事故被害が連日テレビに流れ、さくらを見てもうきうきした気分になれず、撮影にもあまり行けませんでした。
 でも少しばかり日程の合間を見て撮ってきたものがありますのでご紹介したいと思います。
 今回は大阪のさくらを紹介します。今年は3月末から4月にかけて寒い日が続き、さくらも一斉開花という感じではなくだらだらと咲いていたように思います。大阪玉造の真田山の陸軍墓地のさくらです。墓地でのさくらですのでバーベキュなどの騒ぎが無くゆっくり落ち着いてさくらを楽しめます。西南戦争以来の軍人墓地も最近風化が激しく歴史の生き証人として現在保存運動が進められています。さくらも盛期を過ぎた頃、さくらいかだを撮りたく天王寺近辺や桜宮近辺の大川に行きました。ここでは一心寺のさくらと、桜宮のさくらをご紹介します。大川沿いは例年見事なさくらいかだが見れるのですが今年は川面のさくらの花びらも多くはなかったです。




真田山のさくら








真田山のさくら








真田山のさくら








真田山のさくら








真田山のさくら








真田山のさくら








一心寺のさくら








大川のさくら








大川のさくら





 
スポンサーサイト
- | 15:20 | - | -
コメント
コメントする