原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
伊勢大神楽

JUGEMテーマ:写真

 昨年末に三重県桑名市の増田神社に行ってきました。ここでは毎年12月24日に伊勢大神楽一行が興業納めの神前奉納が行われます。以前から行きたかったのですが今回やっと日程が調整できて行くことができました。わたしは以前に南紀の熊野の各地を回って写真取材をしていた頃、その辺りの地域の集落の多くが獅子舞保存会を組織し、何か祝い事や祭りがあるたびに獅子舞を演じているのを見てきました。そうした南紀各地の獅子舞を調べてみると、これらの地域の獅子舞は伊勢大神楽の人たちが教えたものが何百年にも亘って受け継がれてきたものであると分かりました。とりわけ串本の古座地域の青年団の獅子舞は当時の面影がよく保存されているということで、国の重要無形文化財に指定されています。この頃から伊勢大神楽の獅子舞が見たいと思っていました。また2年前滋賀県の沖島の写真取材の際に、偶然伊勢大神楽一行の沖島での興業に出合い鑑賞させていただいた経過があります。そうしたことから本場での増田神社での神前奉納が見たくて今回やっと実現できたのです。

 伊勢大神楽の演目の内容は神事としての神楽、皿回しなどの曲芸、掛け合い漫才という3つの出し物で構成されており、2〜3時間ほど楽しませてくれます。こうした興業はここを拠点として数班が全国各地に派遣され何百年も前から人々を楽しませてきたのです。また伊勢大神楽一行の中には優れた文化の伝承者として数名が人間国宝に指定されています。

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢大神楽

 

 

 

 

 

荒船海岸の海霧

JUGEMテーマ:写真

 南紀の荒船海岸に 真冬の風物詩である朝霧が出る季節がきました。今まで何度も訪れましたが数回しか見られませんでした。大気と海水の温度差が大きい時に見られますが、低い気温、放射冷却が起こる晴天時、無風で大気中の水分量が多い時の条件がそろわないと大量の朝霧は現れません。今回は運が良かった。かなりの朝霧が発生し、伊勢エビ漁の漁船もうまくファインダーに収まってくれました。

 朝鮮半島をはじめ日本が戦争に直接巻き込まれる危険が現実のものとなっています。せめて憲法9条はどんなことがあっても守らなければなりません。自分に何ができるだろうか。年の初めに朝霧を貫いて輝く太陽を見てさらにそうした想いは強まりました。

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

海霧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喪中欠礼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太の散策ね弸匹療隋重要軍事施設

JUGEMテーマ:写真

 砲台以外の友ヶ島要塞における重要軍事施設を取り上げました。はじめにトーチカです。近寄る的を陸上戦で撃つための施設です。島に上陸した敵軍との戦いを想定していたのでしょう。かなり大型の機銃も据え付けられるように回転用の歯車を組み合わせる溝も残っていました。しかしもっと重要な役割は観測所としての機能だと私は思います。砲台には必ず観察所が必要です。砲台から発射された砲弾の着地点を望遠鏡で確認して、敵艦に砲弾が命中させるために角度や距離を修正させるためのデーターの伝達が任務です。そのために最も見晴らしの良いところにつくられるのが常です。次に行ったのが聴音所といわれている施設です。海中にマイクを敷いて紀淡海峡を通過する船のスクリュー音を聞いていました。スクリュー音によって、戦艦なのか、潜水艦なのか、貨物船なのか聞き分けることができるといいます。ここで訓練された軍人は潜水艦勤務や南方戦線に送られましたが、多くは還ってこなかったといいます。次に行ったのが照明所といわれているところです。今まで何度も友ヶ島に行きましたが今回始めていきました。こんな小さな島ですがごく最近になって発見された施設も多いのです。施設の奥には照明弾が格納されていました。施設の奥の天井はすっぽりと空けられここから地上に照明弾を吊り上げて、そばの広場から打ち上げていました。夜の戦闘で紀淡海峡を通過する敵艦を照らすのが目的です。これらの施設が残っているのは極めてめずらしいということです。離島であったのが幸いしたようです。      今、日本では日に日に戦争する国に近づいていっているようにみえます。かっての戦争体験が風化しつつある今、国や自自体が責任を持って保存に努めるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太の散策7鎧要塞の島・砲台

JUGEMテーマ:写真

 紀淡海峡を軍事封鎖して京阪神や瀬戸内海を守るために、加太・友ヶ島・淡路由良を中心に、巨額の資金を投じて巨大な軍事要塞がつくられました。住民を追い出し軍部が要所を独占して作り上げられました.日本列島の中でも、舞鶴・下関・佐世保・観音崎に並ぶ最重要要塞の地でもあります。大阪・和歌山の県境を中心に加太や大川、小島、谷川、深日などの集落は、潜水艦造船所、軍需工場が建ちならび、軍人が闊歩する地域でもありました。とりわけ友ヶ島には民間人は一切近づけない警戒の厳しい極秘の軍事基地でした。島には第1砲台から第5砲台まで設置し、干潮時には陸続きの虎島にも砲台が設けられていました。今回はこの砲台を中心に回りました。第2砲台・第1砲台・第4砲台・弟3砲台の順に回りました。

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

加太の散策漁業の街

JUGEMテーマ:写真

 加太の沖合は紀淡海峡が最も狭まったところに位置しています。さらにその間には友ヶ島が存在しています。こうした地形は潮の干満によって当然複雑で激しい潮流の変化をもたらします。そうしたところにはプランクトンや小魚が集まり、それを追う中大型の魚が集まり豊かな魚場が形成されます。大阪や和歌山などの消費地にも近く古くから漁民達を養ってきました。鯛や太刀魚、オオアジなどを狙って漁船や釣り船が海峡を埋め尽くす時もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加太の散策ヽ垢鯤發

JUGEMテーマ:写真

 

 和歌山と大阪の境に位置する加太の街です。大阪側にとっては自然の海岸線が残っているのはこの辺りだけになってしまいました。海岸線の自然と照葉樹林が調和してかっての面影をわづかながらに残されています。加太は小さな街で、紀淡海峡に依拠した漁業と温泉などの観光で人々は暮らしています。しかし、歴史的に見ればここは特異な位置を占めてきました.瀬戸内海の入り口として淡路島・四国・九州への交通の要所でした。加太の沖合の紀淡海峡のほぼ真ん中には友ヶ島がありますが、この友ヶ島は加太よりの地の島、沖合の沖の島からなり立っています。この沖の島は平安期から役行者などの修験道の行場として有名で、今日でもその行場は残されています。この友ヶ島と加太は、その後の歴史によって翻弄されていきます。幕末の黒船対策で勝海舟がこの地を訪れ紀淡海峡の軍事的封鎖を検討します。さらに明治以降は堺・大阪・神戸・瀬戸内海を守るために淡路島側の由良地域と連動して紀淡海峡を軍事的に完璧に守るための要塞が数多くつくられました。こうした特異な歴史を経験してきた加太を散策したいと思います。

 加太は古い歴史を生き抜いてきました。また交通の要所でもあったことが多くの寺や神社が存在して証明しています。初回は常光寺とその境内にある樹齢500年とされるシンパクの木、観音堂・役行者堂とウバメガシの巨木、人形のお祓いで有名な淡島神社などを歩いてみました。

 

 

 

加太  

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

加太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JRP大阪支部の写真講座

 日本リアリズム写真集団大阪支部の写真講座を10月の7〜8日に開催しました。今年の講師は世界的にも著明な報道写真家の中村五郎氏です。数多くある中村氏の有名な作品群の中でもベトナム戦争の取材取作品がとりわけ知られています。アメリカ軍の使用した枯葉剤散布によるダイオキシン被害の惨禍のドキュメンタリーは世界を震撼させました。とりわけ人的被害を象徴するべとちゃん・ドクちゃんのポートレイトは有名です。そうしたこともあって作品合評の私の作品はベトナムの写真を披露しました。実はべとナム戦争が終結し、サイゴンが解放された翌年に私はベトナムを訪れていました。1972年だったと記憶しています。学生のころからベトナム戦争反対の市民運動に関わっていましたからベトナム解放後の様子が見たくて訪問団に参加してきました。当時の私は写真を始めたばかりで撮影技術や現像処理秘術も未熟で、今まで誰にも披露することなく押入れの奥にしまったままになっていました。今回それをコンピュータで少し修正して持っていくことにしました。長かった戦争が終わって新しい国づくりに取り組むベトナムの民衆の姿を撮るのが私の課題でした。中でも教師になったばかりの私は、青年や子供に興味があったのかそうした写真が多くありました。

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 国造りに励む人々は子供も青年も生き生きとした表情で目が輝いていました。あれから40年以上の年月が流れました。あの時ベトナムの若い指導者が語っていました。「私たちの国は解放されたばかりで、日本の皆さんに自慢できることは何もありません。新しい国で、今私たちが自慢できることは餓死で亡くなる国民が1人もいなくなったことです」その時の言葉が私は忘れられません。それと比べて今私たちの日本のこの国は、社会は豊かになったのでしょうか。社会の富は格差社会に埋もれ、どこに行ったのか見えないばかりか、生活保護を訴えても冷たくあしらわれるだけで窓口でとり合ってもくれないのが現状だという。先日もコンビニの握り飯が食いたいと書置きをして死んでいた青年、おなか一杯ご飯を食べさせてあげられなくてごめんねと書置きをして死んでいた若いお母さんと幼児のニュースがありました。公営住宅の家賃を滞納して払えないシングルマザーの母子宅を強制立ち退き執行のために職員が訪れたらしい。ドアを開けるとお母さんは、幼い娘を締め殺して呆然と座り込みテレビを見ていたという。そのテレビには死んでいたその娘が出ている運動会の映像が繰り返し繰り返し映されていたという。これが私たちのこの国の現実です。一人たりとも例外なく生きる権利を奪われてはならない。日本国憲法25条には生存権が明記されています。国づくりは待っていては実現できないらしい。行動することによってこそ民主主義を分厚く深く成熟していく。みんなで選挙に行こう。憲法9条を守ろう.戦争するな。原発即座に止めよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ (モノクロ判)

 私は写真集や作品展ではこれまではモノクロ写真で発表してきました。最近フイルムや印画紙などの写真材料が手に入らずデジタル写真が多くなってしまいました。それでもモノクロ写真にこだわってデジタルでモノクロ写真がどのように表現できるか試行錯誤しています。今回もその試行の一例です。写真のカラーの情報をあえて捨てることによって作品の単純化と抽象化に成功できるかどうかが狙いです。

 

 

 

 

比井のアコウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 安倍首相の解散の大儀などこじつけでしかないことは明白です。ここまで露骨に党利党略をあらわにして平気な顔で淡々と人前で解散の意義を語っているのを見ていると、政治家(政治屋?)が別の世界の生き物、宇宙人に見えていきます。(宇宙人に失礼か。)

 この間の戦争法案をはじめ、秘密保護法・共謀罪法が次々に強行採決され、原発の再稼働も強行されてきました。そのたびに、今の自公政権を倒して、日本国憲法に根ざした民主政権を実現したいと願っていたのを決して忘れてはいません。今度こそ世直しのためにみんなで選挙に行こう!

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 和歌山県の比井地区の集落の海岸縁にアコウの木の群落が見られます。アコウは暖帯の地域に広く見られる常緑樹です。この辺りは地域的には日本列島においてはおそらく生息の北限にあたると思われます。近くを黒潮本流が流れていますから、その温暖で豊かな水蒸気の影響のせいでしょう。最も自然植生ではなく人工的に植樹したものらしい。 日高町教育委員会が設置した案内板によると、今から約百年前の大正元年(1912)、日高地方を高波が襲った。以来、護岸植物としてアコウが見直され、積極的に植樹されたものらしい。アコウは独特な容姿をもった樹木です。沖縄などの亜熱帯域のガジュマルの木と非常によく似ています。汽水域であっても生きながらえ、樹木が競合するところでは他の樹木を絞め殺してその場(空間)を自分のものとして生きていくという、生命力に満ちたです。生き抜く知恵と、その独特な行動に驚きます。

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 国民を馬鹿にするようなこじつけ理由をつけて国会は衆議院が安倍内閣によって解散されました。森友・加計学園疑惑の追求から逃れられないという思いによる追いつめられた解散であることは誰もがそう思ってしまいます。今度こそ戦争へ戦争へと向かいつつある安倍内閣を終わらせることができると思っていたら、いきなり「希望の党」というのが現れ、メディアはその報道に明け暮れています。民主党まであれよあれよとと見ている間に希望の党に飲み込まれていっているという有様です。しかも希望の党は、憲法改悪、安保法制賛成を民主党議員に踏み絵として課しているという。民進党はついこの前までは真反対の言動をとって市民運動と友に野党共闘を進めていたのではないだろうか。選挙に通るためにはいかなる手でも尽くすということではなく、政治家としての思想や信念を貫くという教示をみせてほしい。マスコミも視聴率がほしいのか権力者に利用されこそすれ、報道の根本や役割を投げ捨てているかのように見えてくる。