原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
日本リアリズム写真集団大阪支部展

 

JUGEMテーマ:写真

 

 今年も私が所属している日本リアリズム写真集団大阪支部展の写真展の時期を迎えました。私の出品作品を紹介します。今年の作品は「変異の森はフロンティア植物か」というタイトルで、長野県辰野町小野の枝垂れ栗森と 広島県北広島町田原のテングシデの森を取り上げました。遺伝子と進化について考えました。機会がありましたらぜひご鑑賞ください。

 

 

 

 

長野県辰野町小野の枝垂れ栗の場合

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

広島県北広島町田原のテングシデの場合

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

 

 

 

小野のシダレグリ・大朝の天狗シデについて

長野県小野のしだれ栗の自生地には800本以上のしだれ栗が自生し、群落をつくっています。大正9年に「小野村枝垂栗自生地」として国の天然記念物に指定されました。枝垂れ(しだれ)とは 枝が重力に逆らえずに垂れる性質です。そしてシダレグリの枝は成長して枝分かれすると、まっすぐ伸びている枝が数年で枯れ、分かれたほうの枝が育つという変わった性質を持っています。つまり、しだれ栗は「しだれ」と「頂芽の枯死」というふたつの性質によって幹や枝の成長の姿に特異の体質を帯びたシバグリの突然変異なのです。調査によって種子による世代交代が行われていることが明らかにされています。

テングシデは枝條の屈曲が著しいイヌシデの変種で北広島町大朝の田原・灰谷に自生しています。最近の調査で 幹が曲がりくねるなどの特徴は、土質や気象条件等の環境の影響ではなく、突然変異による形質が種子によって代交代が行われ遺伝的に固定されたものであることが明らかにされました。この珍しいテングシデが大小100本以上群生しています。2000(平成12年)に国の天然記念物に指定されました。テングシデに対する畏敬の想いや、木を損なう行為に対するタブーなどから、この地で大切に保護され現在まで残されてきたのです。

最近遺伝子の解析技術が飛躍的に進歩しました。その結果、生物の進化についての新たな見識が生まれています。今や突然変異という現象を抜きにしては進化を語りきることは出来ません。遺伝子の塩基配列に物理的変化が生じた場合、個体レベルでは発ガンや機能不全などの原因となる場合があります。しかし、突然変異は集団レベルでみれば、新しい機能を持った個体が生み出されたことになるので、進化の原動力とも言えます。シダレグリや天狗シデという「奇形」の植物は幼木や成木・古木に至る三代以上にわたって遺伝子が継承されています。学者は「新種」として認知すべきだといいます。
こうした新たな形質を持った生物が現在の地球環境のなかで今後どのような変化をみせるのか注目されます。生物は環境に適応するために形態・生態・行動などを都合よく作りかえてきました。こうして地球上のあらゆる環境のもとで現在多様な生物が存在しているのです。その適応の最前線の生きものをフロンティア植物(前衛植物)と言います。そうだとすればシダレグリや天狗シデも新しい生物の可能性を切り開くフロンティア植物となる可能性があるのです。

 

 

 

畏敬の森

 

 

 

 

 

畏敬の森

 

 

2019年平和美術展への出品作品

JUGEMテーマ:写真

 今年も関西平和美術展の開催の時期が近づいてきました。私の出品作品です。

 

 

 

 

平美展

 

 

 

 

 

 

 

 

平美展

 

 

 

 

 

 

 

 

平美展

 

 

 

 

 

 

チシマザクラについて
 
チシマザクラは明治2年、根室の大工が国後島から持ち帰ったものです。当時は「クナシリザクラ」とよばれ、毎年見事な花を咲かせていました。30年経つと馬車でなければ動かせないほどに成長しました。これが根室市の清隆寺に寄贈され、「チシマザクラ」と名前をかえて根室管内などに次々と広がりました。この清隆寺のチシマザクラが源流となって、北海道の主に東部でチシマザクラが植えられ、毎年見事な花が咲くようになりました。チシマザクラの特徴は、背が低いこと。1本の幹が上に伸びずに、根元から枝が分かれ、斜め上や横方向に伸びるので、背が高くなりません。毎年5月中旬頃に、桜前線の終着点である根室市で満開になります。根室市では1960年以来、チシマザクラを標本木として開花宣言を行っています。
北方領土を目前にした海岸縁に白い鳥居の小さな神社を見つけました。その境内で千島桜が咲いていました。私はその様子に思わず息を呑みました。北海道という最北の地で生きることの厳しさを見たのです。冬のすさまじい吹雪に打ちのめされ体はいたるところが傷つき、あるいは深い積雪の重圧に耐え続けてきたために地を這うようにしてかろうじて生きています。それでも白い可憐な花を精一杯に咲かせているその姿に目頭が熱くなりました。北方領土からやってきたチシマザクラは厳しい環境にあっても、この丘の上から祖国を見守り続けているのです。

 

 

 

 

 

 

平美展

 

 

 

 

 

 

 

日本列島最北の桜∈室の桜

JUGEMテーマ:写真

 釧路から根室に向かう途中厚岸に寄りました.厚岸の子野日公園で恒例の行事があると聞いたからです。それは桜の下で、名産品の牡蠣などの海産物を炭火焼きして楽しむというものでした。蝦夷山桜を観賞しながら幸せな時間をすごしました。その後牧場など北海道らしいスケールの大きい景色の中での桜を楽しみながら急いで根室に向かいます。 なんと言っても北海道の桜を象徴する千島桜を見たかったのです.根室の清六、根室地方裁判所、明治公園等の千島桜を見たかったのです。これらの地には千島列島などの離島から移植した経緯をもつ千島桜が植栽されています。樹齢も100年前後のものです。しかし残念ながらその盛りは過ぎていました。本土のソメイヨシノと同じように古木ほど花期が早い傾向があるようでした。せいぜい2メートルほどの桜ですが地に這いつくばって生きているすさまじい姿をしています。北海道の冬の気候の厳しさを教えられました。こうした環境下では植物は自らを小型化させて生き残ろうとします。「植物の矮小化」と言います。小高い丘に小さな神社がありましたので海が見たくなって登ってみました。そこには千島桜がありました。すさまじい吹雪のせいで一方にしか枝を伸ばせないようです.深い雪と酷寒の環境にいじめられたのだろうか、かろうじて精一杯の花をつけていました。見ていて涙が出そうになりました。精一杯に生きているものの凜とした孤高の美しさを感じたのです。

 この後、野付小学校にある北方領土と係わった歴史を伝える千島桜も見に行きましたが葉桜近くになっていました。今回の桜紀行は今回で終わります。しかし、千島桜に魅了されて再訪を心の中で約して帰阪しました。

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

根室の桜

 

 

 

 

 いよいよ参議院選挙が始まります。長い間このときがくるのを待っていました。この国は自公政権によってアメリカの属国化がますます顕著になっています。トランプの番犬かのようにアメリカに媚びを売る政治はまっぴらです。アメリカを守るための陸上イージスにしろ、辺野古新基地建設にしろ、アメリカの戦争兵器の瀑買いにしろ、国民を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたい。投票行動で決着をつけよう。大企業だけが大もうけし庶民は経済効果の恩恵から置き去りにされ格差は広がるばかりです.挙げ句の果ては、年金は100年安心と言っていたはずが、今になって老後のために2000万円貯めろなんてどんな顔してそんなことが言えるのだろう。ある評論家が言っていた「香港であれだけの国民が意思表示をしているが、日本は年金という命綱が危ないというのに国民はなぜもっと怒りを表現しないのだろか」と。私も全く同じ思いです。

 

 

 

 

日本列島最北の桜ゞ路の桜

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

釧路の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

三隅の大平桜と金谷の城山桜

JUGEMテーマ:写真

 

 国の天然記念物に指定されている「三隅大平桜」のある浜田市三隅町は、浜田市の西部に位置し、北は日本海に面し、西は益田市に接しています。

 この桜は、矢原松柄の小台地にあり、ヒガンザクラに似た一種とされているが、一説にはヤマザクラの変種で、日本にただ1本しかない珍しい木であるといわれている。満開の頃には雪の小山を思わせ、その華麗さ大きさは圧巻で、訪れた人の心を魅了し、煩雑な日常生活をしばし忘れさせてくれる。

 国道9号から、町の中心街を通り三隅川に沿って1.7km上流へ行くと、三隅大平桜の看板が見えてくる。そこを矢印方向へと進む。道幅が狭くなり車1台がやっと通れるくらいの山道を5.3km進むと急に道が広くなり、駐車場へ到着する。

 丘を見上げると大きな枝を張った巨木が迎えてくれる。推定樹齢660年のこの桜は、所有者である大平氏の祖先が、馬をつなぐために植えたと伝えられている。所有者の屋号が「大平」また、この木の所在地の字名も大平というので、「三隅大平桜」と名付けられた。   (島根県のホームページから)

 

 前から一度は見たかった桜です。花期に間に合いそうなので思いきっていってきました。桜は個人の所有であまり近づけませんが樹勢も旺盛で見事な迫力でした。ただ写真を撮ると言うことにかぎるとアングルが限られ、背景の処理もうまくいかず撮りにくい。納得のいく撮影にはなりませんでした。桜に圧倒されはね返された様です。この後、金谷の城山桜を見に行きました。この辺りにかっては山城があったようでその頃からの桜のようです。急坂を登るとその姿を現しました。山の稜線で精一杯枝を広げた巨木は圧巻です。今まで見た桜の中でもこんなに感動した桜は少ない。すぐそばまで行って写真を撮りましたが思ったようには撮れません。横へ思いきり枝を伸ばし主幹と共に天空を目ざしています。しかし桜の背後にはネットが張られ、電波の中継塔やケーブルがどうしても画面に入ってしまう。「絵画はいいよな.自分の気に入ったものだけを選択的に描くことができるんだから。」とつい愚痴ってしまいます。自分の力のなさを痛感しました。それにしても桜は見事なものでした。

 

 

 

 

 

大平桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大平桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大平桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大平桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大平桜

 

 

 

 

 

 

 

 

城山桜

 

 

 

 

 

 

 

 

城山桜

 

 

 

 

 

 

 

 

城山桜

 

 

 

 

 

 

 

 

城山桜

 

 

 

 

 

 

 

 

城山桜

 

 

 

 

 

 

 

 

城山桜

 

 

 

 

 

黒田の百年桜と上桂川沿いの桜

JUGEMテーマ:

 常照皇寺から東に、国道477号を行くと下黒田、宮、上黒田を通り、左京区花背へと出ます。いずれも大堰川(上桂川)上流域の狭い谷あいに開けた集落です。宮地区は、近世以前は黒田宮村と称していました。黒田卿の氏神である春日神社の脇にかつて桜の大木がありましたが、明治6年の台風により倒れ、これを惜しんだ村びとが、一本の八重桜を跡に植えました。通常の桜と思い何気なく植えたものの、これが一重と八重の混じり咲く珍しい種とわかり、昭和42年「百年桜」と命名されて大切にされています。当時、樹齢およそ100年であることと、明治百年にあたることによる名前です。
 典型的なヤマザクラの変種。花は紅色大輪で、手毬のように固まり咲く。一重・八重・旗弁のあるものが混じる。八重一重といわれる類です。  (京都市右京区のホームページから)

 

 川沿いを走っていて見事なしだれ桜を見つけて写真を撮らせてもらいました。持ち主の高齢の女性からこの地域が林業で栄えていた頃の話を聞きました。昔の話になるとみんな元気になります。人口の減少と林業の衰退は日本の山間部ではどこでも同じような状況に出会います。安倍内閣は経済は好況だと言いますが、かれらは一部の大企業しか見えていない。アベノミックスなどは地方の庶民の生活実感とはかけ離れた虚空の論理としかおもえません。

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

上桂川沿いの桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 常照皇寺は京都市の山間部の北山地区にあります。山間部であるために近畿地区では遅咲き桜として有名です。「左近の桜」「御車返しの桜」「九重桜」の3種の桜の名木が有名です。常照皇寺は、臨済宗天龍寺派の寺院で、寺の開山は、南北朝時代北朝初代の天皇となった光厳上皇と言われており、公室の寺としても有名です。気品のある優雅な桜が楽しめます。

  訪ねたときは桜が盛りを過ぎていて庭園の池も一面に桜の花びらで埋まっていました。何か変な養子。よく見るとその池を蛇が横切って泳いでいました。暖かさに誘われて冬眠から醒めたばかりだろうか,すこし痩せて心なしか動きが緩慢です。泳いで濡れた体には桜の花びらが一面に張り付き何ともめずらしい光景に出会いました。

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

常照皇寺の桜

 

 

 

 

 

奈良県山添村の大照寺跡のしだれ桜など

JUGEMテーマ:写真

 

  

 山添村の大照寺跡の桜が見たくて行ってきました。廃墟になった住居が隣接していましたのでつい最近に廃寺になったようです。奈良県下でも知る人が知る桜の巨木です。まだまだ若く成長期にある様子でこれからが楽しみです。私一人が独り占めして楽しめる至福の時間をいただきました。何百年と村に君臨してきた守り神のようです。この後この辺りの村人の生活に溶け込んでいる桜などを見たり、天狗が住むという神野山の神野寺の天狗杉に寄らせてもらいました。

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 日本維新の会の丸山穂高議員が「ビザなし交流行事」に参加して、北方領土の元島民に戦争をけしかけ、領土を取り戻すかのような発言をしたことが大きな問題になっています。こうした議員が存在することに驚きました。先日の大阪の選挙で維新の会の躍進が報道されましたが、その勢いにのってたががはがれたのだろうか。国の舵取りを任されている国会議員のなかにはこんな議員も含まれているのです。そら恐ろしさを感じます。日本国憲法を遵守する義務を負う内閣をはじめとする国会議員が、憲法を「改正」すると公言し、憲法の平和理念と真反対の法律を次々に成立させている昨今です。こうした議員が現れても不思議ではないということなのだろうか。

 

 

 

 

 

 

  

御所市橋本院から天理の一本桜

JUGEMテーマ:写真

橋本院(はしもといん)  

 高天山の中腹にある橋本院は真言宗高野山の末寺で、建物のつくりが普通の寺と大分異なっているのが大きな特徴です。この寺は高台に建っているので、眼下に奈良盆地を一望できます。
 養老年間、44代元正天皇の勅により僧行基が開いた高天寺の一子院で、もとは奈良興福寺に所属していました。そののち高野山金剛峰寺に属し、真言宗の開祖である弘法太師を祀っています。(御所市商工会HPから)

 古代史の舞台の地である大和葛城山東山麓から天理の桜を求めて奈良に行ってきました。橋本院では境内のゆったりした雰囲気の中で思う存分桜を楽しめました。桜に囲まれた墓地もあって、こんなとろろで永眠できれば幸せだなと思わずにはいられません。天理のため池の土手に大きな桜が3本あります。毎年行っていますが、今年は山桜が満開でした。ソメイヨシノの巨木の一本桜もよいのですが、山桜の一本桜も何とも華やかな雰囲気に包まれたものでした。

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺跡とその周辺の一本桜

JUGEMテーマ:写真

 真言宗の高貴寺跡に行ってきました。現在は修行の場として活用されているようです。ここに臥龍の桜があると聞いていました。龍が臥しているような樹形をしているとのことでした。行ってみるとすぐ解りました。樹齢は解りませんが古木であることは間違いがない。幹は腐食し皮一枚で生きているようです。花も少なく樹勢が衰えているのが解ります。数枚の写真を撮らせてもらいそっと現場を離れました。帰り道にこの寺跡のすぐそばの山の斜面に見事な山桜の一本桜に出会いました.こちらの法は樹勢が活発でまだまだ大きく育つことでしょう.今後が楽しみです。

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

  元号が平成から令和に変わり、この間のメディアの奉祝一辺倒の騒ぎぶりは異常です。テレビ、ラジオ、新聞等で視聴者や読者の情報の選択権など無きに等しい状況です。まるで、国全体が忖度で埋め尽くされた観です。大修館書店の大漢和辞典で「令」を検索しました。5ページにわたって意味や熟語・引用例など詳しく出ていました。ふれ、布告、おきて、法律、みことのり、いましめ、おしえ、訓戒、いいつけ、等々が続きます。ただ「よい」と言う意味や敬称という意味もあるようですが大旨前者の意味が要約です。モーニングショウの番組に出演していた学者が、歴史的に見れば多くの元号が制定される中でただ一度だけこの「令」が候補に挙がったのですが、当時の為政者から「これでは臣民が納得しないのではないか」と言った理由で採用されなっかたと言っていました。元号の選定権は安倍首相に代表される内閣が有しています。この番組の中でコメンティーナが内閣行為を「名は体を表す」と発言していましたが、私も全く同じ感をもちました。