原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
奈良県山添村の大照寺跡のしだれ桜など

JUGEMテーマ:写真

 

  

 山添村の大照寺跡の桜が見たくて行ってきました。廃墟になった住居が隣接していましたのでつい最近に廃寺になったようです。奈良県下でも知る人が知る桜の巨木です。まだまだ若く成長期にある様子でこれからが楽しみです。私一人が独り占めして楽しめる至福の時間をいただきました。何百年と村に君臨してきた守り神のようです。この後この辺りの村人の生活に溶け込んでいる桜などを見たり、天狗が住むという神野山の神野寺の天狗杉に寄らせてもらいました。

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山添村の桜

 

 

 

 日本維新の会の丸山穂高議員が「ビザなし交流行事」に参加して、北方領土の元島民に戦争をけしかけ、領土を取り戻すかのような発言をしたことが大きな問題になっています。こうした議員が存在することに驚きました。先日の大阪の選挙で維新の会の躍進が報道されましたが、その勢いにのってたががはがれたのだろうか。国の舵取りを任されている国会議員のなかにはこんな議員も含まれているのです。そら恐ろしさを感じます。日本国憲法を遵守する義務を負う内閣をはじめとする国会議員が、憲法を「改正」すると公言し、憲法の平和理念と真反対の法律を次々に成立させている昨今です。こうした議員が現れても不思議ではないということなのだろうか。

 

 

 

 

 

 

  

御所市橋本院から天理の一本桜

JUGEMテーマ:写真

橋本院(はしもといん)  

 高天山の中腹にある橋本院は真言宗高野山の末寺で、建物のつくりが普通の寺と大分異なっているのが大きな特徴です。この寺は高台に建っているので、眼下に奈良盆地を一望できます。
 養老年間、44代元正天皇の勅により僧行基が開いた高天寺の一子院で、もとは奈良興福寺に所属していました。そののち高野山金剛峰寺に属し、真言宗の開祖である弘法太師を祀っています。(御所市商工会HPから)

 古代史の舞台の地である大和葛城山東山麓から天理の桜を求めて奈良に行ってきました。橋本院では境内のゆったりした雰囲気の中で思う存分桜を楽しめました。桜に囲まれた墓地もあって、こんなとろろで永眠できれば幸せだなと思わずにはいられません。天理のため池の土手に大きな桜が3本あります。毎年行っていますが、今年は山桜が満開でした。ソメイヨシノの巨木の一本桜もよいのですが、山桜の一本桜も何とも華やかな雰囲気に包まれたものでした。

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

奈良の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺跡とその周辺の一本桜

JUGEMテーマ:写真

 真言宗の高貴寺跡に行ってきました。現在は修行の場として活用されているようです。ここに臥龍の桜があると聞いていました。龍が臥しているような樹形をしているとのことでした。行ってみるとすぐ解りました。樹齢は解りませんが古木であることは間違いがない。幹は腐食し皮一枚で生きているようです。花も少なく樹勢が衰えているのが解ります。数枚の写真を撮らせてもらいそっと現場を離れました。帰り道にこの寺跡のすぐそばの山の斜面に見事な山桜の一本桜に出会いました.こちらの法は樹勢が活発でまだまだ大きく育つことでしょう.今後が楽しみです。

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高貴寺の桜

 

 

  元号が平成から令和に変わり、この間のメディアの奉祝一辺倒の騒ぎぶりは異常です。テレビ、ラジオ、新聞等で視聴者や読者の情報の選択権など無きに等しい状況です。まるで、国全体が忖度で埋め尽くされた観です。大修館書店の大漢和辞典で「令」を検索しました。5ページにわたって意味や熟語・引用例など詳しく出ていました。ふれ、布告、おきて、法律、みことのり、いましめ、おしえ、訓戒、いいつけ、等々が続きます。ただ「よい」と言う意味や敬称という意味もあるようですが大旨前者の意味が要約です。モーニングショウの番組に出演していた学者が、歴史的に見れば多くの元号が制定される中でただ一度だけこの「令」が候補に挙がったのですが、当時の為政者から「これでは臣民が納得しないのではないか」と言った理由で採用されなっかたと言っていました。元号の選定権は安倍首相に代表される内閣が有しています。この番組の中でコメンティーナが内閣行為を「名は体を表す」と発言していましたが、私も全く同じ感をもちました。

 

 

 

 

広川寺の桜

 西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。桜をひたすら愛した西行だけに境内やその裏山は見事な桜の森になっています。毎年私もこの寺を訪れるのですが、今年は昨年の台風の影響もあって古木に影響が出ていたのが痛々しい。

 

 

 

広川寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、役行者の開基でその自作といわれる薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、役行者の開基でその自作といわれる薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、役行者の開基でその自作といわれる薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、役行者の開基でその自作といわれる薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、役行者の開基でその自作といわれる薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

西行法師終えんの地として知られる弘川寺は、役行者の開基でその自作といわれる薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられています。

 

 

 

 

 

大阪・南河内の桜4

JUGEMテーマ:写真

 今年の桜の開花は例年より大幅に早くなるという予報に喜んでいましたが実際には肝心な時に寒波の襲来があり、桜も戸惑い気味で複雑な経過をたどりました。とりわけ大阪の桜は結果的には例年に比べ開花は少し早かったものの、満開までには時間がかかってしまいました。特に寒波の周期的他到来で寒い日が続き花見には気分がもう一つ盛り上がりませんでした。

 そんな中、今年初めての桜取材は4月1日に南河内の桜からでした。

 河内長野の加賀田町の近辺にしだれ桜の銘木があると聞いて探しました。民家の庭に咲く桜で、寒々とした冷気の中で凛々しく咲いていました。その後、伝大江時親邸跡にしだれ桜の古木があるとも聞いていましたからそちらも探し回って取材をしてきました。時親は楠木正成の師匠で兵法を正成に教えたという。ここの桜もほぼ満開でしたが、痛みもひどく主幹の一方が枯死して失われていました。根や幹下部の形相に古木であることが伝わります。大阪のソメイヨシノは開花したばかりでしたが、しだれ桜のほうはあまり気候に左右されないのかどこのシダレも美しく咲いていました。

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

南河内の桜

 

 

 

 

 

加太の友ヶ島戦跡と森

JUGEMテーマ:写真

 

 私の所属する日本リアリズム写真集団大阪支部の撮影会を友ヶ島で実施しました。友ヶ島は紀淡海峡を封鎖して大阪湾への敵の侵入を防ぐ目的で旧軍が独占管理していた要塞の島でした。戦後になっても無人島であったためにそのせいで当時の軍の施設が多く残されています。私はこの島には何回も出かけ戦跡などの写真を撮ってきました。今回は会友の皆さんの案内役をしながら島の樹木を撮ってみようと試みました。この辺りは常緑のウバメガシなどのシイの森が基本構成の暖温帯林です。無人島であることで島の樹木などの自然がある程度残っています。大阪近辺の森としては貴重な存在になっています。

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

 

 

 

 

 

友ヶ島

 

 

 

   昨日実施された沖縄の辺野古の基地建設の是非をめぐる県民投票の結果の詳細が報道されました。概略は、基地を造るための辺野古の埋め立てに反対するが72.15パーセント(43万4273票)、賛成が19.10パーセント(11万4933票)、どちらでもない8.76パ−セント(5万2682票)でした。投票率は52.48パーセントでした。

 巨大土木事業との利権関係、あるいは本土政権あるいは政党などとのしがらみ、県民の中には種々の複雑な要素を抱え込みながらの結果です。そんな中で沖縄県民の7割を超える人がはっきりと基地建設に反対の意思を表明したのです。圧倒的な県民の勝利といえるでしょう。沖縄県民の勇気ある戦いに感銘し感動しそして感謝します。これで基地建設をめぐる情勢は大きく変化し、建設断念へ世論は大きく前進するでしょう。民主主義の根本である民意を無視することは国民主権の立場からも許されるはずがありません。沖縄県民は立派にやることはやったのです。あとは本土の平和や民主主義が政治の理念にならなければならないと思っている私たち国民一人一人が声を上げそして行動する時だと思います。

 

 

 

流谷八幡宮のイチョウ

 大阪府河内長野市内でR371号線に入り和歌山県橋本市方面に向かい、天見川沿いに進んでいく。南海高野線天見駅近くの出会いの辻を右折して谷川沿いを進んでいくと流谷八幡宮につきます。この神社の境内のイチョウの木の根張りが見たくて今回行ってきました。幹まわり4.5m、樹高約30m、樹齢約400年という説明板がありました。それ程の巨木では有りませんが、根回り、根張りはすばらしく生命力に満ちています。斜面に立つ木ですから根張りを見るには最適です。しかし私が訪れた時はイチョウの木が葉を落とした後で一部根を覆ってしまい一部根を隠してしまっています。残念ですが夏の生命観が感があふれている頃に再度来ることを誓って帰ってきました。境内にはこの木の他に楠木の巨木がありました。こちらも大地にどっしりと根を下ろし、大空に両手を挙げるかのように生命力にあふれていました。

 

 

 

 

 

流石八幡宮

 

 

 

 

 

 

 

 

流石八幡宮

 

 

 

 

 

 

 

 

流石八幡宮

 

 

 

 

 

 

 

 

流石八幡宮

 

 

 

 

 

 

 

 

流石八幡宮

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ


 和田山から糸井渓谷へ向かいます。途中、不動の滝がありましたがひたすら大カツラを目ざして林道を進みます。舗装道路の終点が広場になっていて登山道の入り口にもなっておりその前にカツラの木がありました。私は今まで白山のカツラなど大きなカツラを何度か見てきました。カツラの巨樹は多くの場合主幹が枯れ、そのひこばえが残って命を繫いでいきます。この大カツラも主幹は失われていますが、推定樹齢は2,000年といわれ、 国の天然記念物に指定されています。 樹高35m、枝張り東西30m・南北31m、大小約80本のひこばえがかってあった主幹を包み込むようにで林立しています。カツラの巨木としては全国でもまれにみる有数のものです。ただただ生命を繫いで生きる生き物の圧倒的な迫力を感じました。

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 

 

 

 

糸井の大カツラ

 

 

 

 

 沖縄で辺野古の基地建設の賛否を問う県民投票が実施することを沖縄県が条例を成立させ決定しました。ところが沖縄の宮古島などの5つの行政区で実施しない旨の意思を表明しています。こんなことが許されるのだろうか。自民党の国会議員がそうした県民投票について反対の動きをしているらしい。民主主義は民意の尊重をその原理の根本に置いた政治機構です。下位行政区は県の条例に則してその業務を粛々と実施するのが当然です。県の決定に対してその実施を妨害するなどそんなことが許されるなら、自民党や公明党政権の安倍内閣が主導して国会で確定した法案に対して、県は従わなくてもよいということになるでしょう。道理が通らないことを国家権力が無理矢理通そうとする。今や日本の政治に道理や正義の一片も見いだされない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

伏条台杉の群落

 少し以前になりますが、昨年末に京都北山の片波川の源流に伏条台杉といわれる杉の群落を見に行ってきました。昨年の夏の台風の影響で林道が痛み通行できないところもあって到着が遅れてしまいました。なんとか現地についてさっそく散策に入ります。地上2〜3メートルくらいの所から多くの枝分かれした杉が次々に現れます。室町時代のものといいますからおそらくは1000年くらいの樹齢と思われます。当時の植林に係わる林業家たちが知恵を絞って育てたものといわれています。彼等は多くの杉材の収穫を得るために、杉の幼い頃にその主幹を切り、そのひこばえを育てるという手法を考えたのです。特別太い木材は収穫できませんが、1本の木から何本もの杉が収穫できると考えたのです。この地域一帯でこうした林法を実施したのですが、その後しばらくして接ぎ木による苗木の栽培をの方が植林には有利と判断され植林法が一変し、結果「ひこばえ法」は見捨てられてしまいそのまま今日まで取り残されているといいます。自然と人間との関わりを残す貴重な経験として国の天然記念物となっています。この日は森の全域を見るのは時間不足で再度訪れるつもりでしたが、その後の年末寒波で雪が降りこの春以降の課題となってしまいました。

 

 

 

 

伏条杉    

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

 

 

 

伏条杉

 

 

 

 

 

新年のごあいさつ

 

 

 

 

sinnnenn

 

 

 

 

 

   兵庫県の山中に真言宗常龍寺の廃寺があります。修行の寺として長く栄えたのですが、門徒の減少などの事情で寺は里に下りてました。しかし今も山中の寺跡には樹齢1500年の大きなイチョウの木が取り残されています。真言宗開祖の空海は草木国土悉皆成仏という言葉を残しています。この木を見ているとなんとなくその意味が分かるような気がしてきます。
  玉置沖縄知事の勝利に感動しましたが、直後には民意を無視した辺野古の埋め立てが強行されました。暴走した政権は独裁化し民意を無視し続けています。でも誰もが希求する社会は必ず来ます。生命が支え合って生きながらえて命の輪をつなぐかぎり、生命の必然的法則性ががそうさせると思うのです。このイチョウがそれを教えているように思います。
                                      2019年 元旦     岡田 満