原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
長延のスタジイと古森神社のタブの木

JUGEMテーマ:写真

 京都府伊根町長延にあるスタジイです。斜めに張り出したスタジイの古木の根元には石塔や地蔵が丁寧に並べられていました.それらには、きれいなあるいは愛らしい布に包まれていました。この地域の人々の優しい心が透けてみえます。永年に亘って大事にされてきたスタジイなのでしょう。ここにたたずんでいるだけで幸せな気分になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

長延のスタジイ    

 

 

 

 

 

 

 

 

長延のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

長延のスタジイ

 

 

 

 

 

 

長延のスタジイからもう少し山手に入ったところに古森神社があります。この神社の境内にはタブの巨木がありました。樹齢800年という生命力にあふれたタブの樹が天空に大枝を広げてたくましく立っていました.神木として村を守り続けてきたのでしょう。

 

 

 

 

古森神社のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

古森神社のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

古森神社のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

古森神社のタブ

 

 

 

 

 

明石のスタジイ

JUGEMテーマ:写真

 今年は神になった樹という、永年に亘って人々の願いを受け止めてきた樹をコンセプトにして作品を発表してきました。このシリーズをもう少し続けていくつもりです。今回は京都府与謝郡与謝町明石にある共同墓地のスタジイです.この墓地の中央部にはスタジイの巨木がありました。根本には三界萬霊塔の石碑が建てられており、この世のあらゆる霊を供養すると言う意味です。共同墓地にあって人々の精神的支柱として今日までその役割を果たしてきたのでしょう。

 

 

 

 

明石のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

明石のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

明石のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

明石のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

明石のスタジイ

 

 

 

 

 

 沖縄県知事の翁長知事の急死をうけて沖縄知事選挙が闘われています。もちろん翁長知事が命をかけて反対した辺野古新基地建設が最大争点です。自民党や公明党の候補は辺野古の基地問題については何ら語らず本土政府とのパイプによって豊かな経済の夢を振りまくことによって票を集め勝とうとしています。安倍首相の選挙戦略と全く同じです。選挙では真実を言わず、選挙が終われば秘密保護法や集団的自衛の安全保障法を打ち出してくる。今回も彼らが勝利すれば半永久的に米軍が使用する辺野古基地の建設に邁進するのは誰にも明らかです。特に公明党は全く変質してしまった。宗教政党としの教理はどうなっているのだろう。戦争のための永久的な軍事施設を造ることに躍起となっているなんて。今後平和なんて言葉を口にする資格などない。私は今回のことは忘れない。

 

第43回視点大阪展・日本リアリズム写真集団大阪支部展を開催します

JUGEMテーマ:写真

 

 昨年から開催しています視点展の大阪展を今年も開催します。76写真作品の299枚の写真パネルで構成しています。写真愛好家にとって、このような大きな公募写真展は日本では数少なく貴重な機会です。ぜひ鑑賞にご参加ください。

 

 

 

 

視点展

 

 

 

 

2018年度日本リアリズム写真集団大阪支部の写真展も同時併催をしています。こちらもぜひご鑑賞ください。

 

 私も作品を出品しています。タイトルは「神になった樹」です。関西平和美術展にも同じタイトルで出品していますが作品の内容は違います。平美展はデジタル写真ですが、今回の私の作品はモノクロの銀塩写真です。印画紙や処理薬品が手に入らず毎年困っています。銀塩での作品作りは今年で最後かもわかりません。この機会に銀塩写真もご鑑賞ください。

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

 

神になった樹

 

 

 

 

 

第67回 関西平和美術展が開催されます

 今年も関西平和美術展が開催されます。先日通常国会が閉会されました。「働き方改革?」「カジノ火災法案」「参議院定数増法案」など国民多数がこぞって反対している法案が強行採決されたのです。自民党や公明党維新の会という政党の見識が問われる愚行です。しかも西日本ではかって経験しなかった大災害からの復旧の最中にです。大災害に対して陣頭指揮を撮るべき首相や国交大臣がカジの法案の成立のための会議にしがみついていたのです。政治家としての良心を問いたい。この国は狂ってる!おかしいよ!もし国民がこのままで良いと思うなら国民もおかしいよ!。国民は主権者としてはっきり意志を示そう。

 そんな何ともやるせない気分の中で今年の平和美術展がやってきました。今年の私の作品は「神になって木」です。人々の願いをながーく受け止めてきた木々です。この時代における神に木とは難だろう。国民はそれを求め続けている。

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

 

 

神に木

 

 

 

 

 

 

上法万のはねり

JUGEMテーマ:写真

 

 鳥取県東伯耆郡裏町法万の集落の共同墓地にはねりの巨木があるとききました。はねりとは地元の言葉で標準名はタブノキです。タブノキは西日本の常緑樹を代表する巨木に成長する木です。巨木に成長しますから建築材等に利用され今日では多くが姿を消してしまいました。ここは村の共同墓地で村人が大切に守ってきたために残されてきたのでしょう。多くの墓を従え、すくっと力強く立つ姿は守り神そのもののようです。

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

上法万のタブ

 

 

 

 

 

 この五日間、異常な雨が日本列島の九州から四国、中国、近畿、中部、北陸、東海地方にかけて降りました。かって例を見ないほどの激しい降雨が日本列島を襲っています。それも年々地域的にも広がり「局地的現象」などといった限定的な被害を遙かに超えています.いよいよ温暖化の顕著な現象が一般化してきたとみるべきでしょう。本当の意味で治水を考えるべきです。手入れされていない人工林を自然林に戻すべきです。ダムの危険性を認知しダムに頼らない総合的な施策が求められています。建築・土木・地学、森林学・農学、防災学など専門家による総合的な防災についての議論を始めるべきだと思います。この間、政府は北朝鮮の危機をあおって軍事費だけを増大化してきました。敵基地攻撃のためのミサイル網や、護衛艦の空母化やオスプレイの配備などを進めています。日本は専守防衛の憲法を持つ国です。これらの国防費をそっくり日本の国土を守る防災予算にまわすべきです。

 

 

 

 

 

伯耆のスタジイ

JUGEMテーマ:写真

 

 鳥取県の東伯耆郡琴浦町に国の天然記念物に指定されている大シイがあります。胸高部での幹の太さでは日本を代表する巨木です。神社の境内の斜面に這うように大きな体を支え生きています。しかし主幹はすでに折れて亡く樹高はあまりありません。以前にも大判カメラをもって撮影にきましたがうまく撮れませんでした。今回も雨の降るなかでの撮影で思ったようには撮れませんでした。

 

 

伯耆の大シイ

 

 

 

 

 

 

 

 

伯耆の大シイ

 

 

 

 

 

 

 

 

伯耆の大シイ

 

 

 

 

 

  さっかーのワールドカップがたけなわです。日本チームの活躍もあって大いに盛り上がっています。そんなサッカー騒ぎに紛れるかのように強引に国会の会期を延長して、高度プロフェショナル制度を可能化する法案が成立しました。成果主義によって残業規制を外して労働者を無制限に近い状態で働かせようとしているとしか見えない。収入や職域に制限がるかのように政府は言いますがあてにならない。雇用における正社員制度に代わる新しい働き方だと言って派遣や嘱託などどんどん増やしてきたのはつい最近のことです。このときも初めは技術者などの特定の職種に限るとという条件が初めはついていました。働く者の身分や権利は守れない。働く者の賃金は払わないで無制限に近く働かせる。まるで奴隷労働をほうふつされる。当然国民の過半数は反対しています。自民党・公明党・維新の会・希望の党は賛成したという。さらにこれらの党はこの延長国会でカジノ法案を成立させるという。この法案についても過半数を超える国民は反対しています。博打のショバを開いて儲けるのが経済政策の切り札だという。これは江戸時代の幕府でさえしなかったことです。これまでも騙され続けてきた国民ですが、サッカーに熱中しつつも国会からも目を離さないように気をつけよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

JUGEMテーマ:写真

 島根県松江の志多備神社のスタジイは天然記念物に指定されており日本の巨木リストのなかでも有名です。最近になって御蔵島などで巨木が次々に発見されましたがそれまではこの木が日本一のスタジイの巨木とされていました。わたしもここに来たのは数回にわたります。やわたの大蛇かと思ってしまうその姿の勢いに圧倒されてしまいます。巨木というだけではなく木のもつ表情がすごい。神木として大切にされてきたのでしょう、幹には大きなしめ縄がまかれていました。

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ  

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

志多備神社のスタジイ

 

 

 

 

 

  米朝のトランプ大統領と金正恩による歴史的な会談がありました。ともかくこれのよって朝鮮半島での戦争は避けられることになったのはすばらしい出来事でした。この会談を実質お膳立てをした韓国大統領の働きも歴史に残る勇気ある行動でした。戦争を避けるための外交による努力が続けられている中で日本はどうだったのだろうか。阿部外交は一貫してトランプオンリィ、最大の圧力オンリィイでした。これからも世界情勢は激動の展開をしていくことになるだろう。ただひとつはっきり言えるのは,阿部戦略による阿部外交路線は極めて危険な道であることが明確になったというでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

JUGEMテーマ:写真

 

 鳥取県西伯郡の南部町早田の墓地にスタジイの巨木があると聞いて行ってきました.そこは山裾になっておりシイの森がありその中に墓地がありました。目的のシイノキはすぐに分かりました。突出した巨木でありその木のもつ表情が圧倒的な存在感をもっていました。何百年にもわたって村人が先祖の霊とともに大切に守ってきたのでしょう。

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 

 

 

早田のスタジイ

 

 

 

 

 

 昨日、国会で森本・加計疑惑についての集中審議がありました。わたしも含めて国民は「もうええ加減にしてくれ!」と思っていることでしょう。これだけ次々に公文書や傍証が出てきて疑惑の全体像が明らかになっているのに、この国の指導者は首相や大臣の椅子にしがみついている。嘘に嘘を重ね国政は停滞し、国益は失われ、その付けは国民に回される。権力者はその地位にのし上がってしまうと、権力に溺れ道理を無くすといいます。しかし国民をなめすぎると、とんでもないしっぺ返しを食らうことを肝に銘じるべきである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の桜・悟真寺のしだれ桜・仏隆二の千年桜

JUGEMテーマ:写真

 奈良県の宇陀市にある悟真寺と仏隆寺を訪れました。慎吾寺には200年のしだれ桜の枝張りが美しいと聞いて行ってみました。寺の近くまで行きましたが参道が崩れて通行止めになっていました。徒歩で旧坂を上ることになりましたがこのおかげで見学者も少なく一人独占するかのようにのんびり鑑賞できました。

 

 

 

 

悟真寺の桜  

 

 

 

 

 

 

 

 

悟真寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

悟真寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

悟真寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

悟真寺の桜

 

 

 

 

その後近くの仏隆寺に回りました。樹齢900年を超える我が国を代表する桜の一本です。主幹は折れて失われていますが樹勢はまだ若く存在感があり、強い迫力がみなぎっています。しかし、他の地域の桜に比し早く咲いたせいか花の7部ほどが散ってしまっていました。エドヒガン桜の銘木で学術上も貴重と聞きました。

 

 

 

 

仏隆寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

仏隆寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

仏隆寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

仏隆寺の桜

 

 

 

 

 昨日、国会では柳瀬首相秘書官を呼んでの参考人質疑が行われていました。官邸で加計学園幹部などと面会し獣医学部設置について会談したといいます。加計学園という獣医学部大学設置希望の特定事業者とのみ3回にわたって会合し、その経過等一切は首相に報告していないと内容でした。首相と一体となって業務する秘書官です。首相に無断で継続的に業者等と会合をもっても一切報告や説明をしないなどとは到底信じられません。首相を守るためには平気で記憶がないなどへりくつを述べて事実を隠蔽するその姿を見ているようでした。忖度も極みまできたということでしょうか。この間の官僚の堕落ぶりが脳裏に蘇ります。厚生労働省のデータ改ざん・防衛省の日報隠し・文部省や財務局の公文隠しや集改ざん等々です。そしてこれらの問題の発生源はほとんどが安倍首相から発しています。これでもこの国の首相はその椅子に固執し権力にしがみついていたいのだろうか。そうであればあるほど、国民の信頼は離れていくのは目に見えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の桜・大野寺の桜

JUGEMテーマ:写真

 

 奈良の大野寺の桜です。ここはなんといっても天然記念物の小糸桜です。気品があって優雅なしだれは他には例を見ないほどの可憐さです。20数年前にも訪れていましたが、あまりに有名なだけに人が多くしばらく敬遠していました。今回訪れてみると何か印象が違います。門戸の人に聞いてみると最近になって主要な枝を何本か切ったということでした。腐敗が進みやむおえなかったとのことでした。桜も生き物、老いの時間は等しく桜にも迫ってきているようです。

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

大野寺の桜