原生林紀行・黄泉の郷熊野へ

日本各地に残されている貴重な森を訪ねて写真を撮ってきました。異界の国、黄泉の郷を訪ねて熊野を歩いてきました。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
作品集の紹介
  私が今までに発表してきた写真集です    ★「追いつめられたブナ原生林の輝き」          モノクロ B4判 ブレーンセンター社 刊4800円(税込み)                          ★「 岸和田のだんじりまつり]          モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「母の森」和泉葛城山のブナ林                     モノクロ A4判 日本機関誌出版センター刊2000円(税込み)                     ★「一本だたらの森」大台ヶ原                     モノクロ B4判 日本機関誌出版センター刊3000円(税込み)                     ※購入希望の方はご連絡ください 送料は当方で負担します   
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
JRP大阪支部の写真講座

 日本リアリズム写真集団大阪支部の写真講座を10月の7〜8日に開催しました。今年の講師は世界的にも著明な報道写真家の中村五郎氏です。数多くある中村氏の有名な作品群の中でもベトナム戦争の取材取作品がとりわけ知られています。アメリカ軍の使用した枯葉剤散布によるダイオキシン被害の惨禍のドキュメンタリーは世界を震撼させました。とりわけ人的被害を象徴するべとちゃん・ドクちゃんのポートレイトは有名です。そうしたこともあって作品合評の私の作品はベトナムの写真を披露しました。実はべとナム戦争が終結し、サイゴンが解放された翌年に私はベトナムを訪れていました。1972年だったと記憶しています。学生のころからベトナム戦争反対の市民運動に関わっていましたからベトナム解放後の様子が見たくて訪問団に参加してきました。当時の私は写真を始めたばかりで撮影技術や現像処理秘術も未熟で、今まで誰にも披露することなく押入れの奥にしまったままになっていました。今回それをコンピュータで少し修正して持っていくことにしました。長かった戦争が終わって新しい国づくりに取り組むベトナムの民衆の姿を撮るのが私の課題でした。中でも教師になったばかりの私は、青年や子供に興味があったのかそうした写真が多くありました。

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム訪問

 

 

 

 

 

 国造りに励む人々は子供も青年も生き生きとした表情で目が輝いていました。あれから40年以上の年月が流れました。あの時ベトナムの若い指導者が語っていました。「私たちの国は解放されたばかりで、日本の皆さんに自慢できることは何もありません。新しい国で、今私たちが自慢できることは餓死で亡くなる国民が1人もいなくなったことです」その時の言葉が私は忘れられません。それと比べて今私たちの日本のこの国は、社会は豊かになったのでしょうか。社会の富は格差社会に埋もれ、どこに行ったのか見えないばかりか、生活保護を訴えても冷たくあしらわれるだけで窓口でとり合ってもくれないのが現状だという。先日もコンビニの握り飯が食いたいと書置きをして死んでいた青年、おなか一杯ご飯を食べさせてあげられなくてごめんねと書置きをして死んでいた若いお母さんと幼児のニュースがありました。公営住宅の家賃を滞納して払えないシングルマザーの母子宅を強制立ち退き執行のために職員が訪れたらしい。ドアを開けるとお母さんは、幼い娘を締め殺して呆然と座り込みテレビを見ていたという。そのテレビには死んでいたその娘が出ている運動会の映像が繰り返し繰り返し映されていたという。これが私たちのこの国の現実です。一人たりとも例外なく生きる権利を奪われてはならない。日本国憲法25条には生存権が明記されています。国づくりは待っていては実現できないらしい。行動することによってこそ民主主義を分厚く深く成熟していく。みんなで選挙に行こう。憲法9条を守ろう.戦争するな。原発即座に止めよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ (モノクロ判)

 私は写真集や作品展ではこれまではモノクロ写真で発表してきました。最近フイルムや印画紙などの写真材料が手に入らずデジタル写真が多くなってしまいました。それでもモノクロ写真にこだわってデジタルでモノクロ写真がどのように表現できるか試行錯誤しています。今回もその試行の一例です。写真のカラーの情報をあえて捨てることによって作品の単純化と抽象化に成功できるかどうかが狙いです。

 

 

 

 

比井のアコウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 安倍首相の解散の大儀などこじつけでしかないことは明白です。ここまで露骨に党利党略をあらわにして平気な顔で淡々と人前で解散の意義を語っているのを見ていると、政治家(政治屋?)が別の世界の生き物、宇宙人に見えていきます。(宇宙人に失礼か。)

 この間の戦争法案をはじめ、秘密保護法・共謀罪法が次々に強行採決され、原発の再稼働も強行されてきました。そのたびに、今の自公政権を倒して、日本国憲法に根ざした民主政権を実現したいと願っていたのを決して忘れてはいません。今度こそ世直しのためにみんなで選挙に行こう!

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 和歌山県の比井地区の集落の海岸縁にアコウの木の群落が見られます。アコウは暖帯の地域に広く見られる常緑樹です。この辺りは地域的には日本列島においてはおそらく生息の北限にあたると思われます。近くを黒潮本流が流れていますから、その温暖で豊かな水蒸気の影響のせいでしょう。最も自然植生ではなく人工的に植樹したものらしい。 日高町教育委員会が設置した案内板によると、今から約百年前の大正元年(1912)、日高地方を高波が襲った。以来、護岸植物としてアコウが見直され、積極的に植樹されたものらしい。アコウは独特な容姿をもった樹木です。沖縄などの亜熱帯域のガジュマルの木と非常によく似ています。汽水域であっても生きながらえ、樹木が競合するところでは他の樹木を絞め殺してその場(空間)を自分のものとして生きていくという、生命力に満ちたです。生き抜く知恵と、その独特な行動に驚きます。

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

比井のアコウ

 

 

 

 

 国民を馬鹿にするようなこじつけ理由をつけて国会は衆議院が安倍内閣によって解散されました。森友・加計学園疑惑の追求から逃れられないという思いによる追いつめられた解散であることは誰もがそう思ってしまいます。今度こそ戦争へ戦争へと向かいつつある安倍内閣を終わらせることができると思っていたら、いきなり「希望の党」というのが現れ、メディアはその報道に明け暮れています。民主党まであれよあれよとと見ている間に希望の党に飲み込まれていっているという有様です。しかも希望の党は、憲法改悪、安保法制賛成を民主党議員に踏み絵として課しているという。民進党はついこの前までは真反対の言動をとって市民運動と友に野党共闘を進めていたのではないだろうか。選挙に通るためにはいかなる手でも尽くすということではなく、政治家としての思想や信念を貫くという教示をみせてほしい。マスコミも視聴率がほしいのか権力者に利用されこそすれ、報道の根本や役割を投げ捨てているかのように見えてくる。

 

 

 

 

 

 

2017年日本リアリズム写真集団 大阪支部展

JUGEMテーマ:写真

 

 今年も恒例の写真展日本リアリズム写真集団大阪支部の支部展が開催されます。今年は例年に比べて開催時期が2〜3ヶ月早く準備が大変でしたが何とか作品ができました。今年は永年撮りだめてきた桜の作品を発表します。作品展にはこれまで桜の写真は未発表でした。桜は日本人の時代時代の精神性の深層に深く影響してきました。古代や中世の貴族は桜へ心象を重ね、武士は侍の精神性を求め、明治以降の戦争にのめり込んでいった時期には軍人の潔い生き様を桜の散り際にたとえたり、私自身小学校や中学校の制服のボタンは桜であり校庭には必ず桜が植えられ入学式は桜と時期と重なります。このように日本人の生き様と桜とは多様な展開を見せます。どのような切り口で桜写真を組むか難題で悩みましたが、今回はそうした桜の属性を考えず植物としての桜を表現することにしました。タイトルも「Prunus,Cerasus」です。桜の学名をタイトルとしました。桜を植物という生き物として見つめることが作品の趣旨です。

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

支部展

 

 

 

 

 

 

 

支部展

 

 

 

 

 


 

 

 

 

第42回全国公募「視点展」を大阪で開催します

 関西地域では京都で毎年開催してきました「視点展」は今年から大阪で開催することになりました。全国巡回展用に選抜された約300枚の入賞・入選作品を、約100メートルの作品展示壁面に展示します。

 我が国の写真展を代表する一つとして評価されている作品展です。会場は大阪支部展の会場と同じ施設内です。この機会に是非ご鑑賞ください。

 

 

 

 

 

 

 

視点展

 

 

 

 

 

視点展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年関西平和美術展

 今年も関西平和美術展が開催されます。憲法9条が改悪されようとしている政治状況をうけて緊迫した情勢の元で開かれます。戦争法に続いて共謀罪の強行採決、それに続く平和憲法の核心部である9条の改悪がなされようとしています。何よりも大切な平和を愛する美術家達が作品を持ち寄って開催されます。

 私は写真作品「今、目覚めの時」を発表します。暗い森が夜明けを迎えた作品です。憲法無視の安部独裁政治に陰りが明確に出てきました。政治を国民の元に取り戻す好機です。そんな想いを込めて作品を組んでみました。

 

 

 

 

目覚めの森

 

 

 

 

 

 

 

 

目覚めの森

 

 

 

 

 

 

 

 

目覚めの森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目覚めの森

 

 

 

 

 

芽吹きの奥山・護摩壇山辺り

JUGEMテーマ:写真

 

桜の写真がながく続きましたが、護摩壇山のブナが芽吹きだした頃の写真です。紀伊半島などの西日本でブナが生息しているのは標高1000メートルを超える辺りからです。護摩壇山は標高1500メートルあります。ですからブナがながい眠りから覚めて芽吹きだすのは4月の末から5月の初旬頃です。林床の雪が消え、ブナなどの木々の枝先が赤みを帯びてくると芽吹きが近づいた証です。やがて芽吹きが始まると萌葱色に森が急速に覆われていきます。このダイナミックな景観の変化に涙がでるほどの感動に包まれてしまいます。

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

護摩壇山のブナ

 

 

 

 

 

 先週の東京都議選の自民党の大敗北に驚きました。同時に自民党政権に向けてにこれほどの国民的な怒りが充満していたことに納得もしました。森友・加計疑惑の国策がゆがめられたものを正すとともに、秘密保護法や戦争法案・共謀罪法などの憲法に抵触する疑惑がある悪法を廃案にする政治政権の実現を早期に実現してほしい。

 

 

 

 

2017年の桜・高野山の桜

JUGEMテーマ:写真

 

 今年の最期の桜は高野山になりました。高野山は標高800メートルくらいあります。ですから近畿地域では最も遅く桜が鑑賞できます。高野山は今でもこの時代に生きる聖地でもあります。空海信仰が今も生きて実践されているのです。桜はそんなに多くはありませんがそうした神聖な空気感に包まれていて心が洗われます。丁寧に、大切に世話された桜は清楚で今年最期の桜観賞の場としては申し分ありません。

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

高野山の桜

 

 

 

 

 

 今年撮り貯めてきた桜を順次紹介している間に夏になってしまいました。いつもそうですが写真を撮って映像処理するのに時間がかかってしまいました。申し訳ありません。

 謝罪といえば一昨日今国会を終えて安倍首相が「謝罪会見」を行いました。謝罪という名で共謀罪を強行採決したことや、加計学園や森友学園疑惑を野党による印象操作だと居直っていました。衆議院での法務委員会での共謀罪法案の強行採決を中継しなかったNHKが、このような内容の電波を永延と流すことに何の意味があるんだろう。公共放送のあり方に疑問を感じる。

 しかし、NHKの動向如何に関わらず安倍内閣への国民の支持率が急降下しています。議会制民主主義が安倍内閣によって踏みにじられていることへの国民的怒りが噴出しているのです。首相やその妻、その友人のために政治がゆがめられているという疑惑に国民的怒りが噴出しているのです。今や首相が何を言っても信頼がもてない状況です。早く総選挙を行い真に国民の代表を選んで国民の信頼に応える政治を実現してほしい。そう思っているのは私だけではないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

2017年の桜・姉川沿いの桜

JUGEMテーマ:写真

 

 沖島の桜を見た翌日は姉川沿いを桜を求めて散策しました。この辺りは戦国時代の戦場でもあり古い歴史的風土をもち、桜も古木が多く目を楽しませてくれます。山・川・そして田園風景の中の桜を見ているとこれが日本の原風景なのだと痛感します。

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

姉川の桜

 

 

 昨日の早朝国民の監視から逃れるように共謀罪(テロ防止法案)が強行採決されました。その手口がこの法案の本質を表しています。思想表現の自由など、人権への配慮から国連の人権専門家かららも疑義が日本政府に届いていました。公明党は、東京都議会選挙を控えてかっこが悪いということから委員会での採決を止めて、本会議での採決を強行したのです。世界の世論、日本の世論から隠れるようにしてこそこそと数を頼りに強行採決したのです。委員会で論議して法案の審議を深め、法案運用の目安について共通認識を得るというのが日本の議会制民主主義の根幹です。このような民主主義破壊の暴挙を恥じず強行した自民党・公明党・維新の会などはその党の歴史において決定的な汚点を残したと自覚すべきです。国民はこのような仕打ちを絶対忘れないし、大儀を無くしたこれらの党は崩落への道を歩むのは必然です。明治以降の自由民権運動などを経て、日本の議会政治は多くの苦難のなか一歩一歩国民の総意を背景にして民主化を推し進めてきたのです。そして敗戦後、日本国憲法と共に政治の理想を高く掲げて今日に至っています。この大河の流れのなかで、阿部政治の逆流など一蹴されてしまうのは歴史の必然です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年のさくら・沖島の桜

 琵琶湖の沖島の桜が見たくて行ってきました。淡水湖に人が住むのは日本列島ではこの島だけです。かっては建築石の産出で賑わった島ですが、今は漁業が主な産業の村です。あわただしい現代の時間から取り残されたかのような静かな時間が過ぎていく島です。桜が満開になって、この辺りは湖国の桜を愛でに来る人で賑わいますが、ここ沖島は巡航船で行なかればならないこともあって比較的ゆっくり、のんびり桜を楽しむことができます。また桜も古木に成長しており、湖水面脇の通路では桜がトンネル状になり桃源郷に入ったかのようです。

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

沖島の桜

 

 

 

 

 

 加計学園を取り上げた国会中継がありました。見ていてあきれるのは、嘘と分かっていても恥じずに平気で答弁する大臣や官僚達のみっともなさです。調べればすぐに分かることでも「知らぬ、存ぜぬ」と言いつづける姿は哀れさえ感じてしまいます。さらに当の首相は、野党のヤジに大げさに反応し時間稼ぎをして、問いをはぐらかせ逃げ回り、あげくには首相席から質問者に自らヤジを飛ばしているのです。みっともないこと限りない。安倍政権も末期的症状が明確化しつつあることを感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年の桜・山中渓辺りの桜

JUGEMテーマ:写真

 

 大阪と和歌山を隔てる山中にJR阪和線の山中渓駅があります。無人駅ですが、電車からホームに降りると多くの桜が迎えてくれます。訪れる人を喜ばすにはこれ以上の演出はないでしょう。そうしたことが有名になってこの時期カメラマン達で賑わいます。静かな雰囲気で桜が見たい場合は、近くの地蔵院の桜がおすすめです。この辺りは熊野古道紀伊路にあたり、その面影が残っており歴史的な落ち着いた景観に出会えます。こうしたことと関わりがあるのだろうか、近辺の山が自然林のまま残されています.そうした山々に咲く山桜が見事です。私にはこちらの方が気に入っています。

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 


 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 

 

 

山中渓の桜

 

 

 

 

 

 加計学園問題が大きな政治問題になってきました。勇気ある告発を何が何でも隠し、押しつぶそうとする権力の恐さと醜さをまざまざと見るこの頃です。国家の政策が個人の都合や利益で平気でおしまげる。これが日本の政治の現実なのです。真実を覆い隠し闇から闇に葬る。「あるものをないといい、知っていることを知らないという」。韓国では今、大統領の弾劾裁判中です。なぜ日本ではそうならないのだろう。日本の民主主義の真価が問われています。野党を中心とした政党がとことん真実を追究し、阿部政治を終わらせ、政界の大掃除をしてほしい。